大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「2011 兎ピョン・跳挑!たのしい会!!」~吉川壽一新年会

投稿日時:2011/02/18(金) 22:30rss

昨夜は市内のホテルで恒例の「書家吉川壽一を支援する昌昌会・百福会の
新年会」が開かれ、200名近くが集まりました。

 

ご本人から昨年の活動の報告やエピソードの披露に続いて今年は信州善光寺
大本願別院得浄明院(京都)の総門看板の100年ぶりの書き変え、続いて
上海展、秋にはF1のシンガポールグランプリでのパフォーマンス、そして
最も大きな展覧会として台湾・台北展が11月11日からの予定だそうです。
(暦年もそうですが、こんなに11が続くのは壽一(ジュイチ)のラッキー
ナンバーだから)

そのいずれもがアジアの超のつく富豪がスポンサーとなっているようで、
経済の発展が文化面にも現れてきているように思います。
F1シンガポールを主催する華僑のC.Sさんはフェラーリの販売もやっていて
FERRARIの書を所望、ブランドロゴがあるからと書家は困ったそうですが
どうやら社長室に架けて楽しむだけらしいのでそれではと書いた、との事。



+++

この会も長く続いていますが、今年初めて吉川クンと共に小・中学の同級
生だった津田洋道クンが顔を見せました。

津田クンは地元北陸高校で40年余りバスケットの指導にあたり、インター
ハイなどの優勝も含め高校バスケットの強豪校名監督として全国に名を轟か
せ、優秀なバスケ選手を数多く送り出しました。

最近監督職を後輩に託し、自身は総合コーチとしてその後も指導者・選手を
引っ張ってきましたが、先日どうしても獲れなかったこれも40年の歴史を
もつ「全国高校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)」
(東京)で悲願の初優勝、勲章を増やしたのです。

若い頃は夫人の協力も得て自宅を合宿所にしたり、遠征バスの運転もやって
バスケットひとすじ・・「念ずれば花開く」を見せてくれた級友なのです。


左ー津田洋道クン 右ー初対面のSさん

そのほか私のテーブルには、ハンドボールでならした現在県体育協会競技
スポーツ委員長のSさんなどスポーツ関係の人が多く、必然的に7年後の
2巡目「福井国体」の地元選手強化の話になります。
皆さん前を向いていて「昔はよかった」の話にならないところがいいです。

もう有望な選手発掘・育成が各スポーツ団体で始まっていますので、私が
お手伝いしている「ジュニアゴルフ」もうかうかしてられないな、と思い
ました。

+++

恒例「お楽しみ抽選会」でカナイが引き当てた吉川壽一書『跳』。
亀もいいのですが、今年は私も少しだけでいいから跳びたいものです。



横山工藝 横山国男

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....