大きくする 標準 小さくする
次ページ

2011年02月05日(土)更新

大雪と格闘したことも・・

31日朝自宅前の雪景色

1月の20日すぎから断続的に降った雪がそれでも5~60センチとなり、
職場の方は毎朝従業員で駐車場などはスコップとスノーダンプで除雪をして
いました。

30日(日)の天気予報で「今夜は平野部でもかなりの降雪」とのこと、翌
月曜の朝5時ごろ外へ出てみると一晩で40c以上の新雪、それまで深夜に
走り回ってくれた除雪のショベルカーもまだきていません。

自宅の近くに小学校があり、通学路確保優先ということでしょうか間もなく
頼もしいショベルカーの大きな音が聞こえてきました。

+++

雪下ろし

会社の方は月曜朝の除雪はきっと人力では無理と思いましたので、前日の
日曜に近所の土建屋さんに駐車場を一度きれいに除雪してもらいました。
これが正解。新雪は軽いのでなんとか従業員の駐車スペースを一斉に除雪
したあと、積雪が80cを超えているプレハブの倉庫が危険なので10人
ほどが上がって雪下ろしをしました。

久しぶり(56豪雪のあと1回ぐらいしか記憶がありません)の雪下ろし
ですが、私はもう屋根には上がらず(上がれず)下から指示するだけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「56豪雪(1981年)」の時はすごかった。従業員は出勤できず、
(というより自宅を守ることに各自が精いっぱいでした)社屋や工場を建て
たばかりだったので、私とカナイは連日スコップとスノーダンプだけで
「白魔」と格闘しました。

このプレハブ棟も一人で2回ほど下ろした記憶があります。
深夜、ホットウイスキーをがぶ飲みして「早く止んでくれ!」と夢中で
降ろすうち、降ろした雪の方が屋根より高くなり“雪上げ”になってしま
いました。

若くて体力がありました。それでも数日間疲労困憊し、どういうわけか舌が
もつれてうまくしゃべれなかったほどのダメージを受けました。
危うく雪に殺されかけたというわけですが、小企業の経営者にとっては
大きな借入で実現した、社屋・工場・設備などは命をかけて守るべきもの
だったし、今でもそういう気持ちが強いものです。

+++

それから30年あまり、温暖化の影響か降雪量も少なくなり、除雪の体制、
予報、ノウハウ、各種の重機も多く利用されるようになり「克雪」が実現
したかに見えますが、高齢化社会になり今後も心配です。

でも雪は放っておいてもそのうちあとかたもなく消えます。それどころか
白山連峰や近くの山、田畑の土に夏まで膨大なきれいな「水」を保水して
くれるのです。それでお米と酒がうまいというわけ。

その点、新燃岳の火山灰などはこれから雨が降ったら土石流や泥流が心配さ
れています。作物もダメになり人々の生活上の迷惑も雪とはまた別の意味で
比較にならないように思います。

この2~3日の好天で今日はもうかなり雪の高さは低くなりました。
新燃岳の被害が大きくならないことを祈るばかりです。

深夜の除雪車

株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ

2010年10月29日(金)更新

「アファンの窓」→森のライブ映像をオフイスに。

先日の日曜日の朝早く、いつものインターチェンジを降りて、川沿いの道路
をゴルフ場に向かったところで見慣れないものが道路わきに見えました。
こんなところにいつ鹿の彫像ができたのだろう、と訝しんでいると、突然
それは田んぼの方に身を翻しました。

日本鹿、それもかなり大きい一頭。30年くらいこのあたりを通っています
が初めてみる光景でした。
今年は特に野生の熊や鹿が里の方に出没し、地元の新聞では「熊出没情報」
欄があるくらいで、時には射殺されるケースもあって胸が痛みます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の日経(広告)に(株)インテージの田下社長さんとC.W.ニコルさん
の「次の50年へ。」“フィールドから得た情報こそが強い発信力を持つ”
という対談が載っていて、ニコルさんのファンなので興味深く読ませても
らいました。

            *  *  *

C.Wニコル=1940年生まれ。日本国籍を持つウエールズ出身の作家で
ナチュラリスト。極地探検家でもありカナダでのイヌイットとの共同生活
に始まり、アフリカでの野生動物保護他、世界各地を回った後、長野県の
黒姫山の麓に「アファンの森」と名付けた森に“棲みこみ”、森林育成
自然環境保護を強く訴えるなど、著作や講演を精力的にこなしているのは
ご存知の方も多いと思います。

            *  *  *

里地、里山、生物多様性などに大きな関心がはらわれるようになった昨今、
C.W.ニコルさんの現場力、実体験を活かした強い説得力が魅力です。

対談の最後に、田下社長が面白い試みを話されています。
『私は取って付けたようなCSRが嫌いだ。「アファンの森」に棲みこみ、
情報を発信し続けるニコルさんと出会うことによって、私たちのCSR活動
の絶好のパートナーを得た。当社は50周年事業の一つとして、森に
ハイビジョンカメラを設置し、当社国内営業所でライブ映像を配信する
「アファンの窓」プロジェクトに着手。この12月に配信をスタートする
予定だ(後略)』

これは素晴らしい。大都会のオフイスにいつも森の様子がライブで流れて
いるのです。少し疲れてデスクから顔を上げると、「お、月の輪熊さん、
お出でなすったな」とか「ワー、今日はまた紅葉が一段ときれいねぇ」とか
こんなに癒されるものはないでしょう。

そんなオフイスで働いてみたいと思いませんか。

株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2010年02月15日(月)更新

【今週のお題】日本は住みやすい国ではない!?

【今週のお題】日本は住みやすい国ではない!?(2月11日~2月18日)

事務局さんから出された「お題」の出所、米旅行情報誌が毎年実施している
「住みやすい国ランキング」(2010年版)では、5年連続でフランスがトップに
選ばれたとあります。

参考までに2位以下の順位は、オーストラリア、スイス、ドイツ、ニュージーランド、
ルクセンブルク、米国、ベルギー、カナダ、イタリアの順にベストテン。
日本は36位だそうです。

個人的には「日本は住みやすい」と思っていますが、その一つは気候風土が
挙げられると思います。亜寒帯から亜熱帯まで南北に細長い海洋に取り囲まれた
四季に恵まれた美しい島。

海外で生活された人の中には、東京は世界の大都市の中でも梅雨時の不快さを
別にすれば、気候的には最も住みやすいという人もいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の36位の理由は、「生活費」「経済」の項目が低い評価だそうですが、上位
のフランス、スイスを旅行した小さな経験から思い当たることもあります。

10年程前、フランスでは「コンビニ」などは見かけませんでしたし、町の商店も
土、日開いているところは少ない。

ブルゴーニュ地方に住む友人の画家を訪ねて、深夜小さなホテルに戻るとロビー
も廊下も真っ暗。薄明かりはエレベーターの押しボタンが点灯しているものだけ。
ホテルの裏と思われる景色を見ようと思い、カーテンを少し開けてみましたが、
後ろは山か何かでしょうか、真っ暗でした。

翌朝、カーテンを開けてビックリ。後ろは大きなアパートでした。不要と思われる
電気は全て消すんですね。

子供が小さい頃、琵琶湖畔で行われた「世界キャンプ大会」に参加したことがあり
ますが、日本人は夜遅くまで白灯油を使った「ランタン」をいくつも点けて騒いで
いる。そばに「キャンピングガス」という小さなブタンガスのボンベがいくつも使い
捨てられていました。

参加者の中にフランス人の家族がいましたが、「キャンピングガス(フランス製だと
記憶してますが)1個で3回はキャンプする」とのこと。炊事にも使うし、夜は子供
たちとテントの中でカードなどもしばらく楽しむとのこと。・・・印象的でした。

スイスでも夕闇の中、大きな住宅のシルエットがバスから見えますが、灯りの点い
ているのは一部屋で、きっと夕食をとっている部屋だけなのでしょう。
スイスは全て「水力発電」で、余った電気は近隣国へ売っているとも聞きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

畑の中の道路、民家も何もないところに突然明るい一角があって自動販売機が
並んでいる風景が日本。もちろん街の中では深夜でも自動販売機だけではあり
ません、コンビニからなにから煌々と電気が点いている。

ほとんど乗客がいない新幹線の車両を目にすることもありますし、この膨大な
エネルギーの消費(浪費)なども、結果としては廻りまわって高い「物価」になって
いるのではないか、と思います。

経済が「浪費」で支えられているのでは長続きしないでしょう。
わずか150年前の江戸時代、日本はエネルギーの全てを太陽、もしくはそこから
えられる自然エネルギーでまかなっていました。

そこには戻れませんが、それにしても日本人はもう少し本当の意味の合理的な
生活をすれば、「住みやすい国ベストテン」には十分入れると、今朝は自戒を
こめて思ったのであります。


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル広巾生地の「染の布」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2008年制作事例イージーオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2009年10月09日(金)更新

息を呑む風景。

バハマ/エグズーマ諸島 copyright Bernhard Edmaier/Mega Press Japan

こういう風景があるんですね。 といっても地上からは見れないんですが。

中米バハマのグレート・エグズーマ、リトル・エグズーマをはじめとする、いくつもの
岩礁が200キロにわたって点々と連なるエグズーマ諸島という所らしいです。

緑の部分は岩礁の中の樹木、白っぽいところは浅くて白砂なんでしょうか、それと
もサンゴでしょうか。海は流れている川か氷河のよう・・・
まるで抽象画かモダンアートにも見えます。

『ヨットマンに人気の場所。また釣り場としても有名でシュノーケラーやダイバーの
ための海洋公園もあり、グレート・エグズーマにはフォーシーズン・リゾートがある』
と「地球の歩き方」に書かれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは、コニカミノルタさんの「2009年カレンダー 8月の写真」なんですが、
あまりの美しさにご紹介。
毎月、知らなかった地球の不思議、自然の造形の美しさにあらためて驚かされ、
捨てるのが惜しくなります。

それにしても普通の人間が自分の目で一生の間に見ることのできる風景なんて
ほんの微々たるものかも知れないと思います。 地球は広い。そして美しい。

温暖化が進み海面が上昇するとこの風景も・・・・
あまり考えたくないですね。



株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル広巾生地の「染の布」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2008年制作事例イージーオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2008年12月12日(金)更新

縄文のグッドデザイン

「今どきの若いモンは・・・」というフレーズは縄文時代からある、という笑い話が
あります。
たまたま探し物をしていて、(財)福井県文化振興事業団発行の「福井の文化」
(平成14年3月発行第38号)という小冊子に「縄文とは何か」という記事があり、
そのまま引き込まれるように読んでしまいました。

福井県の南部、若狭地方の旧三方町に、国内屈指の縄文遺跡「鳥浜貝塚」が
あり、「三方町縄文博物館」が置かれています。

鳥浜貝塚発掘現場 三方町縄文博物館の外観

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず縄文時代が、一万五千年くらい前から、約八千~一万年続いたということを
あらためて知りました。西暦はまだ2000年、その5倍もの長さです。

毛皮などを身にまとい、槍を持って山野を渉猟する、土器を「野焼き」という手法
で焼成し、まあ、飾りといえば「縄目」をつけるくらい、そんな文化を想像していま
したが、トンデモナイ思い違い、無知でした。

鳥浜貝塚は海抜0メートル以下で、常に新鮮な水が浸透したため、土偶や土器
はもちろん、木製品、落ち葉、蝶など普通なら腐ってしまうものが原型を保った
まま出土する、一万年以上を経た「タイムカプセル」だったのです。

ただ、鮮やかな紅葉は空気にふれた瞬間から黒ずみ、ある調査員は『鮮明な
 青色の昆虫の羽や、黄金色に輝く羽の生き生きした美しさ、それが粘土層の
なかから顔を出し、すぐに変色していく瞬間など「時間よ止まれ」と叫びたくなる』
と述べています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワイングラスのような木杯、桜の樹皮を巻いた弓、漆を塗ったお盆様のものまで
出土、それらはいずれも博物館に展示されているようですが、ビックリしたのは
丹(に)で赤く彩色されているという抹茶茶碗のような土器です。

鳥浜貝塚出土の丹彩土器 この造形は本当にモダンで、表面につけ
 た模様も縄目ではなく、矢じりか貝殻で
 彫りを施してあり、その意匠もすばらし
 いと思います。(拡大してご覧ください)

 どっしりしたやさしいカーブを見ると、
 これで「一服」いただいて、茶碗の底を
 のぞけば縄文人の会話が聞こえてくるよ
 うなそんな気がします。 

茶人が欲しがる、あるいは「うつし」を作ってみたくなるほどの器とも言えそうです。
これだけの「グッドデザイン」ができる高度な文化をもっていたことに驚かされます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いろいろな出土品から、縄文人が自然を大切にし、自然と共生しようとする思い
が強かったのでは、という考察もなされています。

『かって一万年続いた文化があり、この時代が終わって時間は急速に早まり、
今この地球は滅びようとしている。地球の滅亡を少しでも先へのばそうとするなら、
一万年持ちつづけた縄文人の思想に何かを学ぶことが必要ではないか』
と、館長の玉井常光さんは結んでおられます。

(写真は同誌から転載させていただきました)


横山国男

【染型工房 横山工藝】
http://www.ykougei.jp/
【オーダー よさこい屋】
http://www.yosakoiya.jp/

2008年11月09日(日)更新

「越前ガニ」と「沙漠化」について考える。

霜月11月も明日は10日。今朝も大して寒くありません。今年は今日までのところ
特に温かいようで気になります。

誰もが知るようになった「越前ガニ」。その解禁日は今年は11月6日でした。
福井県の沖合から解禁日の朝戻ってきた蟹漁船、揚げられたズワイ蟹の初セリ
の風景などは、毎年TVニュースですっかりおなじみになりましたが、どうも近年の
画面は違ってきたように思います。

背景に、冷たい雨風やみぞれ混じりの天気、暗い色の海がありません。
あと半世紀もすると、このあたりの年間平均気温が「那覇」と同じになる、という
「温暖化」の予測すらあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かと言って日本が「砂漠化」するとも考えにくいですね。周囲を海に囲まれている、
そのおかげで多雨である、「緑被率」は世界第二位、などが思い浮かびます。

長年冷害などで苦しんだ東北や北海道でも「米」の収穫がさらに容易になるでし
ょうから、飢餓も考えにくい。バイオや品種改良の技術も世界のトップクラスです。

携帯やIT環境その他の「日本独自規格」が進んで(遅れて?)ガラパゴス化する
という意見もあるようですが、大きなハワイ・・パラダイス化するかも知れません。

とかく悲観的な方に傾きがちな(世界有数の自殺大国でもあるので)日本。
1500兆円も個人金融資産があるんだそうですから(誰も見たことはないけど)
「恐慌」になっても国家倒産はしない、とゆるく考えて暮らすのはどうでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、世界各地で起きている「砂漠化」・・・水が少ないという意味で「沙漠化」、
の問題は少し調べてみると、「月の砂漠」のようなロマンチックな風景には程遠
いものがあります。

砂漠化の原因はいろいろ複合していますが、やはり「人間」が原因となっている
大きなものとして一例をあげると人口爆発があります。

資料によると、例えばアフリカのスーダンでは20世紀に入ってから人口が6倍。
井戸ポンプが普及したのが原因だそうです。水が使えるようになり、家畜を増や
すことが容易になりました。

しかし、増えた家畜は緑を食べ尽くす、人は乏しくなった木々を根こそぎ取って
調理や家を造る泥レンガを焼くのに使う、井戸はさらに深く掘られ、地下水は
涸れ、木も枯れていくという悪循環が始まります。

美しかったオアシスも、次々と文字通り「沙漠化」していったのです。

農業の機械化も過剰耕作、農地の酷使につながり、土地をやせ細らせ、雨が
降れば土壌流出、表土は流れて砂漠化します。

しかしこの問題の難しいところは、その地に住む人々にとって「必要不可欠」、
「生存のための営み」そのものだということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の新聞に「エネルギーの自給を目指して注目されている」岩手県葛巻町の
話題が載っています。標高400m人口8000人のこの町は、今や風力発電、
太陽光、酪農の町なので家畜糞、森林資源から出る間伐材などのバイオ技術も
総動員して、今や町内消費エネルギーの70%をまかなうそうです。
各種団体の視察や観光客も増えて昨年は約50万人が訪れたのもプラス。

先日、環境NPO法人の代表を務める、親友の建築家が持ってきた「太陽熱利用
調理器(コンロ)」で実験をして見せてくれました。
薄いステンレスの鏡板が四方に開く簡単な構造のものでしたが、大して強くもない
秋の日差しでも30分もかからずに、中くらいの鍋のお湯が沸きました。

感激した私が「すごいな、これをアフリカに送ったら、あの強烈な太陽だから10分
もかからんな。砂漠化防止に役立つよな、安く出来そうだし」。

「もうやってるよ。だけど鏡板は盗まれるし、上の方の人間がこれを法外な値段
で横流しするから、本当に必要な人に渡らないんだ」・・彼の返事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいエネルギーの開発に「自然資源を活用して日本一のエネルギー基地に育
てよう」と人口8千人の小さな町が町民あげて取り組む日本。
自治体からお達しがあれば、ゴミの分別、リサイクルに文句をいいながらもきちん
と従う大半の日本人。

対して、
55カ国もあるとは知りませんでしたが、その大半が沙漠化に苦しむアフリカ。
どのような援助が有効なのでしょうか。教育にも人口制限を含む医療分野にも
多くの人的、物的援助が長い年月送られ続けてきたと思うのですが。


横山国男

【染型工房 横山工藝】
http://www.ykougei.jp/
【オーダー よさこい屋】
http://www.yosakoiya.jp/

2008年10月14日(火)更新

足羽三山(あすわさんざん)文化協議会

人口27万ほどの福井市。 真ん中を北と南に分けて、足羽川(あすわがわ)が
流れています。4年前には記録的集中豪雨で市内で堤防決壊、当社も僅かです
が、床上浸水しました。

坂もあまりないこの町の西寄りに、いずれも標高100mにも満たない、足羽三山
(足羽、八幡、兎越)の三つの山がポッカリと浮くようにあります。

三つの山は、点在しているわけではなく、一つの山といってもよいのですが、
谷で隔てられているので、それぞれに名前がついたのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古代から人が住んだこの小さな三山周辺には、多くの遺跡や文化財もあります。
また学術的にも珍しいシダ類やギフ蝶などの植生を持つことでも知られています。

市民、とりわけ私のような足羽山の下に生まれ、今日までのほとんどをこの山を
友として暮らしてきた者にとっては、単なる「小さな山」以上の存在です。

生まれ育ったところの原風景というものは、誰にとっても格別の意味を持つよう
で、「ふるさと」とか「里山」という言葉にも独特の温かい語感がありますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原子(げんし)光生さんは、40年前、八幡山の麓に「時雨窯」を開いた陶芸家。
今では85歳ともなられ、足を悪くされたので特養施設におられるそう。
時雨窯の存続と足羽三山の文化を考える主旨で、「足羽三山文化協議会」が
このほど設立されました。

第1回の設立記念講演会が、市が移築・整備した“かやぶき”の古民家、(昔の
 生活用具も収集)「おさごえ民家園」の一軒、なかでも大きな「旧城地家」の座敷
で開かれました。
 (「兎越」は“おさごえ”。“うさごえ”とも読みます。)

「おさごえ民家園」 行燈の灯りでご講義

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「足羽三山文協」の事務局長は、原子さんの御子息、斎藤成也さん。
斎藤さんは51歳、今は三島市にお住いだそうですが、名刺をいただいてビックリ。
国立遺伝学研究所、総合研究大学院大学生命科学研究科、東京大学大学院
理学系研究科生命科学の、いずれも教授とあります。

87歳の南部さんに比べれば、まだまだお若いので、将来わが町から二人目の
ノーベル賞受賞者に、などとフッと想像してしまいました。

足羽三山で思いっきり遊んだ子供のころの話などをトツトツと語って自己紹介を
された後、記念講演に招いた高校時代の同級生、花園大学教授の佐々木 閑
さん(仏教学・三国町出身)をご紹介されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【仏教の現在】と題された、楽しいお話を90分。
「釈迦」の周辺から、大乗・小乗仏教の成り立ち、仏教伝来、オウムとはどういう
宗教か、までユーモアたっぷりのやさしい仏教のご講義でした。

 30名ほどの聴講者の大半が高齢の方ばかりでしたが、日曜日の午後、こういう
静かな時間を持てたのは、とても裕福な思いがしました。


横山国男

【染型工房 横山工藝】
http://www.ykougei.jp/
【オーダー よさこい屋】
http://www.yosakoiya.jp/

2008年06月20日(金)更新

ターシャ・テューダー逝く。

アメリカの絵本画家・人形作家・園芸家などで知られ、多くの人に愛されたターシャ
・テューダーさんが92歳で18日(日本時間)亡くなられたことをシカゴに住む次女
からのメールで知りました。

「やっぱり」というのが最初の印象だったのは、娘達が今年一杯で帰国しそうなの
でこの夏一度来ないか、どこか行きたい所ある?と言われて「ターシャの家」に行
ってみたい、あの庭を見てみたい、と我々夫婦の希望を伝えました。

このプランはターシャの住むヴァーモント州南部,それも小さな町のはずれまでか
なり遠いこと、訪問者が多いので制限しており、ネットで申し込んでみたが、とても
順番がまわってきそうにないことなどを知らされてあきらめることにしました。

が、その時ターシャの歳を考えると、おそらく生きているターシャにはもう会えない
だろうと思いました。・・「やっぱり」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ターシャ・テューダーを昔から知っていたわけではありません。 多くの日本人の
フアンと同様、私達もNHKでこの数年何度か放送された番組で、たった一人で
一日の大半を大きな庭の手入れやヤギの乳搾り、とれた果実でのジャム作り、
パンを焼きパイをつくり、糸を紡ぎ、愛犬メギー(コーギー犬)とアヒル、ニワトリなど
とともに美しいヴァーモントの自然と四季の中で、絵本を描きながら昔ながらの
スタイルをかたくなに守って暮らすこの一人の老女の生活を憧れの目で見てきま
した。(本に出てくるキッチンや庭、紡糸の道具類などには目頭が熱くなります)。

ターシャの本。

このような暮らし方はそれほど大昔のことではありません。ターシャのように何でも
自作できる人は少ないですが、厳格ではなくなったとはいえアーミッシュのように、
電気も車も使わず文明の利器とできるだけ距離をおいて、必要なものは村の誰か
が、コミュニテイーで使うものは皆で(結・ゆい)作る生活を続けているアメリカの人
たちもまだいます。

ターシャやアーミッシュの目には、同じアメリカで起きた文明の象徴の高層ビルが
溶け落ちた「9.11」などはどう映ったでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供の頃、裏山に廃材で「小屋」を作って遊んでいた私は、高校生のころソロー
(ヘンリー・ディヴィッド・ソロー)の「ウォールデン=森の生活」を読んでアウトドアー
やキャンプに興味を持つようになりました。(ソロー=1817年~1862年、マサチ
ューセッツ州コンコード市生まれ、作家・思想家・詩人・博物学者)

後年、家族で信州清里の「もえぎの村」(出来たばかりでしたが)を訪れ、「ホテル
ハットウォールデン」に泊まり、ソローの「コッド岬」から名を借りた店「ケープ・コッド」
でリース(花輪)の美しさにみとれました。(30年近く経って色は少し褪せましたが、
今も我が家にいくつも壁にかかっています)。小学生だった娘達も夜は車で近くの
山の上から、ホテルのお兄さんが懐中電灯のビームで指してくれた星座の説明が
忘れられない思い出と言います。

そのソローはターシャが子供の頃、ターシャの家に集まるグラハム・ベル(電話の
発明者)やマーク・トゥエイン(作家)、アインシュタインなどの文化人のひとりだった
そうですが、ターシャは社交界が苦手だったようです。

9歳のとき両親が離婚、15歳で念願だった農業生活に入り、ひとりで家を建て、
80年近く自給自足の生活をおくり、そのライフスタイルと作品は多くのファンを生
みましたが、彼女はそういう外部の評価やエコブームとは別に、たんたんと毎日、
毎季、毎年同じやるべきことを繰り返した本物の「生活者」だったように思います。

この夏は彼女の生まれ故郷ボストンにも足をのばし、このアメリカ開拓時代の
面影が色濃く残る街を逍遥してターシャを偲ぶことができたら、と思っています。

横山国男

【染型工房 横山工藝】
http://www.ykougei.jp/
【オーダー よさこい屋】
http://www.yosakoiya.jp/

2008年01月10日(木)更新

世界一の木材輸入国の「年賀状」とは。

郵便事業会社によると、2008年の年賀状の総発行数は40億2100万枚で、その
内、この6日までの差出枚数は28億8300万枚だそうです。
総発行枚数は4年ぶりに少し増やしたものの、投函数では前年比4.1%減となって
おり、最終引き受け枚数は減るものと予想されている。(1月7日東京新聞から)

40億枚の年賀状とは一箇所に集めるとどのくらいの体積になるのか、想像もつき
ませんが、このためにどのくらいの樹木(パルプ)が必要だったのか、と考えると
恐ろしい気がしないでもありません。

郵便事業会社も「再生紙」(40~50%の古紙含有が条件、先日大手製紙会社の
年賀状用紙は4~5%しかはいっていないことが判明し、問題となりました)、また
1枚55円で発売、購入者の5円と日本郵政の拠出5円、合わせて10円を温暖化
ガス削減事業に寄付するという「カーボンオフセット年賀」も売り出したようですが、
特に後者はほとんどPRしていなかったように思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この数年、「年賀状」をやめるかどうか思案しながら、やはり購入してきました。
ただ、差出しは年々遅くなって、今年は半分以上は年明けになってしまったのも
年齢のせいもあるかもしれませんが、やはり環境のことも以前よりちょっと気に
なっているのかも知れません。

一年に一度のご挨拶、表書きは手書きを守ってきたのは、1~2分でもその人の
顔を思い浮かべるからで、一筆加えることもなく、宛名もパソコンでということにな
ったらもう自分の中ではそれこそ虚礼となり、環境のためにも止めた方がよいよう
にも思います。

元日の朝、いただいた年賀状を1枚1枚見るのはとても心豊かな感謝のひととき
で、日本の佳き風習・文化だとの思いは変わりませんし、郵政省の時代から郵便
事業では年賀状が大きな収益だそうですから、それにも多少の貢献にもと思いま
すが、紙だけでなく、インキや配送・配達の燃料など温暖化の問題とのつながりも
否定できません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本は国土の67%が森林にもかかわらず、世界一の木材輸入国でもあります。
結果として森林の破壊に手を貸すことになっているのですが、まだまだ日常他の
紙製品も無駄にしていますので、そちらの方からまず改めて、真心こめて一年に
一回の「年賀状」くらいは続けるべき、との思いもあって悩ましいところです。


横山国男

【染型工房 横山工藝】
http://www.ykougei.jp/
【オーダー よさこい屋】
http://www.yosakoiya.jp/

2007年10月30日(火)更新

明石家さんまさんもたじたじ―野口健さん待ってます

昨夜の民放TV番組「さんまのまんま」―ゲストはアルピニストの
野口健さん。

先日BSにも出演されていて、その独特の「語り口」には時々大笑い
させてもらいましたが、それにしても天然とも思えるボケぶりの陰に、実は
「目の前で8000m超の頂上を極めて下山に入るパートナーが、意識
朦朧のなかで、自らゴーグルを投げ捨て、ザイルを解いてダイビングして
しまう、それをスローモーション映画のように見ている自分」という
極限の経験をした者だけが持つ、突き抜けた死生観、生還するものに
必要なタフさとは・・(私はそれを“真っ当な恐怖心”と“ユーモア”で
はないかと思いましたが)、いくつもの厳粛な事実の前にさんま氏も
いつもの自分の土俵とは勝手が違うな、と思いつつ深く引き込まれて
いくのが見ていて分かりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

野口 健 =1973年アメリカボストン生まれ。外交官の父に伴い、
世界各地で幼年時代を過ごす。偶然に書店で見つけた故・植村直巳氏
の著書「青春を山に賭けて」に感銘を受け、登山を始める。‘99年、
二度の失敗を経て念願のエベレスト(ネパール側)の登頂に成功し、
「7大陸最高峰世界最年少登頂記録」を25歳で樹立した。その後、
エベレストや富士山に散乱するゴミ問題に心を痛め、清掃登山を開始。
・・・(略)

以上のプロフイールは、11月7日、私が所属するロータリークラブの
企画「新世代のための会議」で中・高校生600名を前にして野口健さんの
「富士山から日本を変える」の講演会のチラシから抜粋したものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔、山岳小説や「K2―悲劇の山」などのドキュメンタリーを夢中で読みま
した。名優スペンサー・トレーシー、それにインド系の美しい女優さんだった
アンナ・カシュフイが共演した映画「山」、 神とも崇められたアルプスの
名ガイド、ガストン・レビュファの華麗なロッククライミング技術とアル プス
の絶景(題名を忘れました)、そしてなにより私と同年代の人は学校 から
の「団体映画鑑賞」でゾロゾロと見に行った、サー・エドモンド・ヒラリーと
シェルパ=テンジンの「エベレスト征服」(エリザベス女王戴冠式に花を添え
ましたね。1953年)。それに日本山岳界の金字塔、槙有恒の「マナスル
登頂」に心躍らせた思い出があることと思います。

・・・・・・・・・・・・・・

引く手あまたの野口健さんの講演会は、当日夜、広く市民を集めて開催され
るのがメインですが、その前に次代を担う中・高校生に「生きがいや、今
力を 入れている地球温暖化に対する取り組み」についてお話をしていた
だく 幸運を得ました。 野口さん、楽しみに待っております。

講演会広告

横山国男

【染型工房 横山工藝】
http://www.ykougei.jp/
【オーダー よさこい屋】
http://www.yosakoiya.jp/

次へ»

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....