大きくする 標準 小さくする
次ページ

2010年12月01日(水)更新

「クリスマスギフトコレクション」

今日から12月。街にはバブルの頃のような高揚した雰囲気はもうありませ
んが、それでも先月末あたりからクリスマスを意識したイルミネーションや
音楽が流れていて「あ~、歳末なんだ」と。

今年の猛暑の夏、今では数少ない国産の“傘”を製造、独自販売されている
「福井洋傘」さんから、大手百貨店のクリスマスギフトコレクション用に
特別な「子供傘」(限定100本)を作りたい、ついてはデジタルプリント
で、プリント傘地を制作してほしい、との依頼がありました。

福井洋傘さんは、先代社長からのお付き合いですが、日本製の高級洋傘、
和傘(蛇の目や番傘ではありません。洋傘仕立てです)で、つとに有名です。
数年前、ヨーロッパの美しいレースが10mほど手に入ったので、これで
日傘を7,8本ほど作って百貨店に出したところ、たしか一本6万円ほどだっ
たと聞きましたが、あっという間に完売したとか。

20万円という傘も作りましたよ、と先日も聞いて驚きました。
洋服や着物、バッグなどしめて100万以上のオシャレにビニール傘はない
でしょうから納得しますが・・。
一振りすると、雨滴がさっと切れる特殊撥水加工品「ヌレンザ」は、トヨタ
のレクサスにも装備されて話題となりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2代目社長の依頼で出来上がったコレクションが、先日よりそごう・西武
さんのカタログ「ロイヤル・プラチナ倶楽部」の“クリスマスギフトコレク
ション”として、グッチ、ルイ・ヴィトンのバッグや宝石のショーメ、時計
のフランク・ミューラーなどの海外一流ブランドに並んで掲載されています。

福井洋傘


福井洋傘

左上と右下がプリントで当社がデジタルデータを制作、傘の縫製は独特の
やり方をしますのでノウハウが必要なのです。
あとの大人用2点は他社制作の紋織で、同色の無地とのコンビは、上品さが
あってとてもよいものに仕上がっています。
グラスファイバー製の骨で12間張り、ハンドル(持ち手)も特別に制作さ
れたものです。

各色限定50本。子供用は@27,300円、大人用は@33,600円となって
います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

***
今、日本では、人口とほぼ同じ年間1億3千万本の傘が毎年売られています
が(そのうちの50~60%がビニール傘)、日本製はなんと1%(160万
本くらい)という統計があります。

当社は30年余の歴史の中で、前半15年ほどは日本でも有数の傘地プリント
用の染型=「スクリーン型」を数多く製版していました。
婦人・紳士用は勿論、ディズニーやハローキティ、どらえもんなどのキャラ
クターの子供傘など、当社はそれで飯を食っていたといっても言い過ぎでは
ないほどでした。

それが、あっと言う間、10年もかからず全て中国へ移転してしまいました。
着物や下駄なども少なくなりましたが、傘は日常使う必需品です。
このように短期間に国内生産が絶滅した産品もあまり例がないのではと思い
ます。

思えば生き残ってきたのが不思議なくらいですが、サバイバルの記はまた
別の機会に。 2010年もあと残り僅かになりました。


株式会社横山工藝 横山国男

染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2010年10月13日(水)更新

原点

昭和40年代の中ごろ、私は勤務していた商社を退職し、その2年程前
に同じ会社を退職して信州で染工場の経営を始めていた、横浜支店時代の
先輩のもとへ入社しました。ものづくりの夢断ち難いものがあったからです。

工房は絹や麻素材の広幅生地に、手描き染と私が担当したプリントの部門
があり、従業員のほとんどが武蔵野美大の通信教育をうけている学生が
中心でした。スクーリングがある夏季は一カ月ほど休業する、というのん
びりしたもの。 今から思えばいい時代だったとも言えます。

その頃の中・高年女性の服は、町の洋装店で作るもので、特にデパートの
ない地方では繁華街に多くの洋装店があり、生地を選び、服飾雑誌などを
参考にしながら縫製していた時代です。

東京や繊維の町大阪には、生地問屋・商社があり、私達の作った素人くさい
オリジナル・逸品モノでも、京都室町の有力な問屋さんに支持されて、忙し
い活気と希望に満ちた数年間を送ることができました。

数シーズン、雑誌「ミセス」の初夏の巻頭カラーグラビア、プリントの洋服
の生地として掲載されたものもあり、モデルは、ミセス専属だった若きころ
の稲葉賀恵(ヨシエイナバ)さんが多かったことも思い出です。

あれから40年もの歳月が流れましたが、その間、既製服(プレタポルテ)
が、素材、色、柄、サイズとも豊富になり、インポートものも含め、デパ
ートやブチックの全盛時代を迎えます。
今ではオーダーで洋服を作る(オートクチュール)という女性はほとんど
いないのでしょう、その手の洋装店はほとんど姿を消しています。

そして現在は、カジュアル化とファストファッションが主流ですが、あの
頃の服に比べれば随分チープになったな、とも思いますし、それと同時に
世界が称賛した日本人のマナーやエチケットも失われていったような気が
します。 服、服装というのは大事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分でデザインし、型をつくり、プリント作業までしていたころの作品と
いうか小布が出てきてなつかしい。
(もうその頃のものはほとんどサンプルすら残っていません)

広幅プリント服地の端切れ。 素材はインドシルク
写真<広幅プリント服地の端切れ。 素材はインドシルク>

私の原点のような気がして力づけられます。


株式会社横山工藝 横山国男

染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / なおくま日記

2010年06月16日(水)更新

旗、フラッグ、フラフ

「旗」はずいぶん昔からいろいろな国、地域、組織や団体で使われてきま
した。何らかの目印ないしシンボルとして掲示されるものです。

この写真は、アメリカの国旗=星条旗(The Stars and The Stripes)の
かなり古いもの。 色の違う布を縫い合わせて作ったものですが、建国の
意思と息吹、苦難すら感じます。

The Stars and The Stripes
写真 The Stars and The Stripes

当社では、よさこいのチーム旗をたくさん作らせていただいています。
よさこいの本家、高知では「フラフ」というようですが、語源は分かりま
せん。フラッグからきているのでしょうか。

デジタルによるデザイン・染色で、お客様が描かれたA-3サイズのスケッチ
やデータから、どのようなご要望も実現しております。
小さい手旗のようなものから、下の写真のように人が振れる限界のサイズ
まで、また素材は軽く丈夫なポリエステルで特殊強化縫製、雨にぬれても
重くならないよう、撥水(はっすい)加工を施したフルカラーの「大旗」
です。
(このようなサイズの旗でも、お客さまがデザインデータをおつくりいた
だける場合は、約2週間でお届けできます)

よさこいチーム「桜流王(ALL-1)」様(広島県)
写真 よさこいチーム「桜流王(ALL-1)」様(広島県)

先日のワールドカップ、スタンドでは岡田監督の顔のイラスト(写真?)
の大きな旗が目立っていました。ブルー系のモノトーンで目をひきました。

当社では、スタンドを埋め尽くすような巨大サイズの旗などもお引き受け
できます。(参考写真)
社旗、団旗、応援旗、タピスリーなんでもご相談ください。もちろん必要
ならデザインも作成させていただきます。

スタジアム用ビッグフラッグ
写真 スタジアム用ビッグフラッグ

株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2010年01月21日(木)更新

25万人の入場者(予想)「東京国際キルトフェスティバル」

この15日から23日まで、東京ドームで開催されている「東京国際キルトフェスティ
バル
」を見学するため、週明けに上京。

会期中におよそ25万人の入場者が予想されるという「布と針と糸の祭典」と銘打
たれた催しで、今年で9回目ではないかと思います。いつもはNHKBSでの放映を
見ているのですが、新規ビジネスとの関連もあって見学してきました。

東京国際キルトフェスティバル 東京国際キルトフェスティバル

17日(日)のBSでの2時間にわたる中継で、会場の混雑ぶりは見てとれましたが、
入場した18日(月)もかなりの人。そのほとんどが中、高年のご婦人。

会場は中央に展示スペース、米国のアレンタウン美術館(キルトを中心に7千点
のテキスタイルを収集)の特別展示、それに周囲を作品や材料販売のショップが
100店近く取り囲むという、ドーム球場グラウンドほぼ一杯の規模。

キルトづくり、手芸愛好家などのみなさんで、全国各地から、特に教室のグループ
見学者が多いように思われました。それにしても不況と言われる昨今、この
パワーというか、熱いものには圧倒されます。男性は見たところ100人に2人か
3人といったところ。

東京国際キルトフェスティバル パンフレット 東京国際キルトフェスティバル「日本キルト大賞」作品集


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キルト(Quilt)とは、表地と裏地の間に薄い綿(わた)を入れ、重ねた状態で指し
縫い(キルティング)したもの。日本では、多色の布を縫い合わせたパッチワーク
キルトが主流。(Wikipedia)

世界各地にいろいろな技法が存在するのですが、よく知られているのはアメリカン
キルト、ハワイアンキルト。アメリカンの方は当然ヨーロピアンキルトから派生した
ものです。

日本のキルトが世界でどのような位置にあるのか詳しく知りませんが、作品を見る
と日本古来の裂布、伝統衣装生地、着物、アイヌのアツシ、藍染などの膨大な染
と織の技術、遺産を誇る国ですから、そのレベルは仕事の精緻さと相まってかなり
のものです。

まだキルト手芸が一般的になって30年ほどではないかと思考しますが、コンテスト
部門はパッチワークキルトの領域を抜け出て、絵画にならぶ芸術作品ともいえる
ものが多くて驚きます。

東京国際キルトフェスティバル「日本キルト大賞」 東京国際キルトフェスティバル「準日本キルト大賞」

東京国際キルトフェスティバル「ハンドメイキング賞」 東京国際キルトフェスティバル「トラディショナルキルト部門」

いずれもTVで紹介された作品ですが、左下の「ハンドメイキング賞」受賞作品は
制作に2年あまりかかったと作者が話されていました。すべて一針、一針ご自身
が手で指していかれたわけですが、気の遠くなるようなお仕事であり、同時に受賞
するにはデザイン(特にコンポジションと配色)も重要な評価となります。すごい!。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上に掲載した写真(購入した図録より)のような、アートの領域に入る作品とは
別に、一般的には「余り布」「不要になった着物、昔の木綿の野良着」「風呂敷」
「手ぬぐい」「洋服」そのほか何でも材料になるという、「もったいない」を具現化し
たような、エコそのもののような実用を兼ねた趣味で、素晴らしいことです。

大体、古布でも何枚か重ねて縫うと丈夫になり(雑巾がそうですが)、それを美しく、
あるいは身の回りの愛すべきものに変身させるという発想は日本人には昔から
備わっていた美徳の一つですから、膨大なキルト愛好家がいても不思議ではあり
ません。

若い人も「巣籠り」といわれる最近の状況で、ますますキルトフアンが増えるので
はないでしょうか。

当社では入手が難しくなっている古布やビンテージの布地の復刻、オリジナルの
プリント生地を1mから制作できる「デジタルオンデマンドプリントシステム」を導入、
未発表柄2000点を含む数万に及ぶプリント柄の資料をベースに新サイト
 「オーダーぷりんと屋」を2月初めに立ち上げるべく準備中です。

お会いしたかった作家のSさんにも超混雑の中、ごあいさつと当社のPRが出来、
出張の目的も果たせました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<ご用とお急ぎでない方へ>

アメリカンキルトについて、ご興味のある方はアメリカ映画「キルトに綴る愛」
(1995)をご覧になるととても参考になります。初々しいウィノナ・ライダー主演、
懐かしやエレン・バーンスタイン、アン・バンクロフト、ジーン・シモンズなど大御所
が脇をかためるハートウォームな映画です。

結婚間近の孫に贈る「キルト」を、数名の人生経験豊富なオバアサンたちが集ま
って毎日おしゃべりしながら針を動かすシーンは、コミニュティの原型を思い起こ
させてくれます。(DVD入手可能)





株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル広巾生地の「染の布」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2008年制作事例イージーオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2010年01月15日(金)更新

悲しき「鶴丸」

帰国のため空港に到着、手続きを終えて「日航機」に搭乗し席に座ると、なにか
もう日本に着いたようなホットした気分になったものです。

心のどこかで「緊張」「身構え」ていた自分・・客室乗務員(CA)のにこやかな応対
に癒されました。ここしばらくのJALの話題は、そんな私にとっては悲しい気分に
させられます。

先日、朝のワイドショウでチラッと見ただけなんですが、キャスターが『話題の
「沈まぬ太陽」という映画、あれは日航がモデルと言われてますが、あの内容は
本当なんですか?』と質問すると、かって社員だったというコメンテーター氏が
『 まあ、8割ぐらいは・・』と答えていました。

続いて『子会社・関連会社など傘下の企業は300社にも及び、利益が出ている
のは1社のみ』とか。・・本当なら信じられません。よく今まで続いてきたなーと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かっての日航のシンボル(ロゴマーク)は「鶴丸」。日本を代表する鳥「丹頂鶴」を
図案化した秀逸なデザイン。「家紋」を連想させる日本人の美意識が感じられて
大好きでした。 動物をモチーフにした企業のシンボルマークとしては最も優れた
ものの一つと思います。

かってのJALのシンボルマーク“鶴丸”

2002年のJAL/JAS統合で、今の「The Arc of the Sun (太陽のアーク)」に
変わりましたが、およそ半世紀の命を終え、全ての尾翼から“鶴丸”が消えた
のは2008年5月。 そういえばかなり最近まで羽田などで見かけました。

「親方“鶴丸”」とばかりにむしられ続けた悲しき“鶴”。
でも今回の日航の破たんは、そっくりそのまま「親方日の丸」の我が国の行く末を
暗示しているようにも思えるのですが・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

再生JALが苦難を乗り越え、力強く離陸していく姿を見たいものです。
下のカレンダーの写真のように。

JALカレンダー:2010年1月から写真の部分


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル広巾生地の「染の布」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2008年制作事例イージーオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2009年12月14日(月)更新

不況を吹っ飛ばせ! 2009年の“舞姫”一挙公開。 

当社の事業部である「よさこい屋」(よさこいや太鼓の衣装制作で頑張っています。
企画・デザイン・素材・生地染め・あらゆるプリントや刺繍・縫製まで全て当社で
完結する“ワンストップ”が売りです)が、2010年の「カタログ」を製作するにあたり
表紙や各ページに登場していただく「よさこ姫」を10月から募集していました。

2009年 オーダーよさこい屋カタログ
2009年版 オーダーよさこい屋 カタログ

2009年当社で制作した衣装でキメた「ベストショット」が続々送られてきましたが、
どれもが「すごい!」「きれい!」・・本当に感動しました。
選考に苦労しましたが、本年度の「大賞」1点と「準大賞」5点が決まりました。
(準大賞以下の写真は拡大してご覧いただければ姫も衣装も“きれい度”がさらに
UPしますよ)

「人はなぜ踊るか」が一発で理解できます。  健康で美しい!!!。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よさこ姫 大賞

明新森組(福井県)有紀姫
明新森組(福井県)有紀姫


よさこ姫 準大賞

朝霞なるこ人魚姫(埼玉県)静香姫 踊ら舞華(静岡県)尚見姫
【左】朝霞なるこ人魚姫(埼玉県)静香姫
【右】踊ら舞華(静岡県)尚見姫  

めっちゃええやんず(三重県)実紀姫 一丸天舞(茨城県)一丸天舞ジュニア姫
【左】めっちゃええやんず(三重県)実紀姫
【右】一丸天舞(茨城県)一丸天舞ジュニア姫

奈良市役所チーム八重櫻(奈良県)川嶋姫・岡本姫
奈良市役所チーム八重櫻(奈良県)川嶋姫・岡本姫

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全国各地の「よさこい」で大賞や各種の賞を獲得されたチームも多いのですが、
今の「不況で暗い日本」に必要なのはこの美しき“パワー”ではないでしょうか。

奈良市役所チームには男性も写っています。
来年は姫だけでなく「よさこい王子」も募集するといいかも。


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル広巾生地の「染の布」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2008年制作事例イージーオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2009年12月13日(日)更新

「伊勢型紙」・・・社業のルーツを思い起こす。

「形屋」とか「型屋」さんという仕事は、どの業界にもあります。いわく「金型屋」
「木型屋」さん等などで、その業界では通常「かたやサン」と呼ばれています。

当社は染色のプリント(捺染と言います)に使用する「型」を制作して来ましたので
「染型屋(そめがたや)」です。捺染産業の途上国への移転で、往時と比べると
見る影もないのですが、周辺のサービスに移行しながらなんとか社業を続けて
きました。

そのルーツは、遥か千年の昔より伝えられてきた「伊勢型紙」にあります。
「友禅」や「江戸小紋」に今でも一部使い続けている染屋さんもありますが、伊勢
型紙は、ほぼ「絶滅危惧種」の産業となってしまいました。

先日カナイがアメリカに住む次女を訪ねた際、次女の友人宅にお世話になり、
その写真を見るとインテリアがなかなか手作りで楽しいもので、いただいたお土産
のお返しに「伊勢型紙(伊勢型)」をクリスマスプレゼントしようと思い付きました。

西欧でも紙などを切り抜いて上からスプレーしたり、色を刷り込んで楽しむ
「ステンシル」がありますが、原理は全く同じです。この「伊勢型紙」は額に入れ
ても、電気スタンドのランプシェードなどに使ってもGoodです。

 日本の「伊勢型紙」の精緻さはハンパでなく、和紙を柿渋で固めた原紙を
「彫刻刀」で切り抜く技術は世界で冠たるものです。無数の点々で表現した
「鮫小紋」の型紙なども昔は全て彫刻道具で職人が彫りこんだのです。

しかし、4人いた「人間国宝」の彫り師もすべて亡くなられてしまいました。
明治時代のものと思われる「伊勢型紙」が「友禅職人」である友人の好意で頂け
たので、送る前にご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊勢型紙 伊勢型紙

これは着物ではなく、何かお土産物用に染めるための型紙でしょう。
(広重の東海道五十三次ですね)。

伊勢型紙=多色摺り用 伊勢型紙=友禅用

いずれも着尺用です。見事な彫刻です。切ったあと模様がバラバラになりますから
「糸がけ」といって絹糸(シルク)を縦横にめぐらし、ウルシで型紙をつなぎます。
「シルクスクリーン」という言葉の語源になったと言われています。

伊勢型紙=江戸小紋 伊勢型紙=江戸小紋・部分

伊勢型紙の本のカバー裏から 糸掛けした伊勢型紙

上段は精緻な江戸小紋用「伊勢型」の見本。右はその部分ですが、気の遠くなる
ような仕事のあとが見えます。
下段左は彫刻中の写真。 右の拡大写真でも糸掛けの絹糸が細いので見えない
かも知れません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、現代ではポリエステルのメッシュ織物に感光乳剤を塗布し、絵柄を光で
焼き付けます。どんな細かいものでも出来るようになりましたが、「型紙」を保存
することはありません。(トレースと言われる“原版フイルム”を保存します)。

30年前の創業の頃はまだトレースは手で描いていましたが、今はパソコンで
100%近く制作します。手の味とか手仕事といった面はなくなり、ちょっと淋しい
ものを感じます。

シルクスクリーン シルクスクリーン

「シルクスクリーン印刷・捺染」は印刷速度が遅いので、生産性は悪いですが、
高付加価値小ロット品に向いています。刷版を通してインキや染料を下しますの
で嵩、濃度が高いので、液晶画面の電極などの印刷や、携帯などのメンブレン
スイッチの印刷にも多く使われています。下地の色を問わず、白や金、銀を印刷
できるのも特長です。

小企業の当社等はコストダウンの厳しい「ハイテク分野」にはとても参入できませ
ん。あくまで布プリントを中心とした生活文化関連分野で生き残りを考えています
が、製作方法は変わっても、1000年も使われて今もハイテクで利用されているの
ですから、「デジタル」と共存させていけば、まだまだ面白いことができると考えて
います。

間もなくお正月、そういえば神社の「絵馬」などもシルク印刷です。
受験、新しい仕事・・「大願成就」といきたいものですね。

絵馬


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル広巾生地の「染の布」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2008年制作事例イージーオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2009年10月26日(月)更新

中折れ。

「中折れ」といってもソッチの方(どっちの方?)の話ではありません。
「ソフト」の話です。「だからソフトだから中折れなんだろう?」・・?・・ ではなくて
「帽子」です、『帽子』。
「ああ、そういう時は帽子はやめた方がいいよ」ってか。(終わらんな!まったく)

フアッション全般が不況の中、帽子アイテムは好調とのこと。そういえば数年前か
ら、若い女性に「中折れ帽」(ソフト)が人気となり、帽子マーケットが拡大。
今秋から来春夏にかけて女性には「ベレー」が、男性には久しぶりに「カンカン帽」
が人気になると言われています。(繊研新聞 10月26日記事から)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帽子は大好きでたくさん持っていますが、さすがに「中折れ」をかぶって街中へ
いく勇気はありません。田舎じゃ誰もかぶってませんから。せいぜい夏ゴルフで
ツバのあるハット型を愛用しているぐらいです。
「よれよれの麻の上下にパナマ帽」 パパス=ヘミングウエイなんて最高ですね。

でも、私が1964年ごろ(東京オリンピックのころ。古いなあ)、商社の横浜支店に
勤務していた時代は、部長や先輩社員はけっこうソフトをかぶって出社していました。
カッコよかったですねえ。憧れました。合いの季節はスプリングコートにソフト。
夏はストローハット(カンカン帽。みなリボンに凝っていた)で、半そでの白いシャツ
に「蝶ネクタイ」をしていた人もいましたから、今より自由でオシャレだった。

典型的 当時のアメリカのビジネスマン 1954年(広告) 帽子スタイル(表紙)
 

大正や昭和の初めの写真でも、外出時には筒袖姿(着物)にカンカン帽やソフトを
かぶっている商家の番頭さんやかけ取りのスタイルがあり、面白いですね。

それがある時期から、男性は帽子をパタッとかぶらなくなりました。何で?。
それはアメリカで流行らなくなったから・・と発見しました(!?)。
そういえば、支店長や部長たちもニューヨーク支店とか、海外の支店などから
帰任した人が多かった。

当社にたくさんある、古いアメリカのグラフ誌(もう実に楽しいので時々ひっくりか
えして見てますが) 1955年の「POST(Saturday Evening Post)」誌の石油
会社「SHELL」の広告イラストと、同じSHELLの、1968年「POST」の広告写真
を見比べてみれば一目瞭然。(写真はいずれも拡大してご覧ください)

1955年の「POST(Saturday Evening Post)」誌の石油会社「SHELL」の広告イラスト 1968年の「POST(Saturday Evening Post)」誌の石油会社「SHELL」の広告イラスト

10年あまりで、男性が全く帽子をかぶらないファッションになっています。
季節の違いもあるかもしれませんが、前述のように季節に関係なく「帽子」をかぶ
っていたわけですから、ファッションに変化があったんでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帽子の似合う俳優といえば、ちょっとあみだにかぶって、新聞記者役とかチンピラ
役がピッタリのフランク・シナトラ、悪役でも渋い魅力だったハンフリー・ボガード、
前プリム(つば)をきちんと下げる真面目がウリのジェームス・スチュアート、日本
では佐分利信、上原謙、笠智衆等などを思い出します。

最近では「インディ・ジョーンズ」シリーズのハリソン・フォード、ブラッド・ピッド
などですが、ソフトに限らず「帽子の最も似合う俳優」はショーン・コネリー。
あのマシンのような強靭な肉体ばかりが目立った007は、歳を重ねるごとに「シブ
くて素敵」になりました。 

ショーン・コネリー ショーン・コネリー

「帽子」と「ヒゲ」が似合うジジイになりたい!・・・ “ノスタル爺”だな。


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル広巾生地の「染の布」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2008年制作事例イージーオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2009年10月23日(金)更新

ファッションリーダー ミシエル・オバマ

娘が「文化服装学院福井校」(最近卒業生を採用させていただいています)のファ
ッションセミナーに出席、その内容を一晩かけてカラーの「マップ」にまとめてくれま
した。

講演・セミナーなどのサマリー(要約)は、文章より「マップ」が明らかに分かりやす
いですね。作るのは最初は大変でしょうが、何より自身の脳内を整理することに
なり、イラストやカラーでの「枠囲み」で要点が伝わりやすい。

社内で使うなら、「携帯の絵文字」なども強調記号として効果的ではないかと思い
ました。 天気予報などもそうですが、文字より絵や図形が頭に入りやすく、記憶
に残ります。 やはり何事も訓練で、数多く実践していくとうまくなるそうです。

セミナー内容をマップに。ビジュアルでわかりやすい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講師は同校が定期的に招いているニューヨーク在住のファッションコーディネー
ター宇自可伶(うじか れい)さん。
「2010年春夏NYコレクション&NYビジネストレンド」と題し、縦横無人の歯切れ
良い講演だったとかで、私もちょっと聞きたかった気がしました。

話題のファストファッションの行方、ユニクロについて(ファッションというより工業
製品・・前途に疑問符をつけたそう)など、N.Y.在住ならではの視点を披露された
とのこと。

ところで、興味深かったのは、ファーストレディ「ミシェル・オバマ大統領夫人」が
今や米国では“ファッションリーダー”の一人だという話。

『今までのファーストレディが着ていたようなブランドは着ない。日本円で5万円前後
のワンピースなど、新しいブランドのものを着る。
そしてジェイソン・ウーやThakoonなどアジア系(中国、タイなど)のデザイナーの
ものも多い』そう。

そういえば他にもビビアン・タムとかアナ・スイは中国系アメリカ人ですごい人気
ですし、もう中国は「世界の工場」だけではないんですね。
新しい才能が続々出てくる。母数がでかいし、華僑として早くから世界に進出した
バックグラウンドもあります。

 しかし日本の「強み」はもうこの辺にしか残っていないと思っていただけにちょっと
ショックです。

日本では、豊かになったおかげか毎年数万の「ファッションやアート」を勉強して
卒業してくる若い人たちがいるようですが、卒業してもそれを活かせる「場」がない
のが問題と言われ続けています。日本のアパレルはとうの昔にこういう若い人達
を採用して育てていくことは放棄してしまいましたから。

「中国で作れば近いし安い。企画も商社に任せて我々は売るのが仕事」という
流れでやってきた結果、一番大事な「デザインやパターン」に人財を欠くことに
なってしまったのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他、お勉強になりましたことがいくつか。

・日本では「不況」と言いますが、アチラは「エコノミーが悪い」と言うそう。
・「ファストファッション」とは、“流行サイクルの非常に短いアパレル商品”を言う。
・「プライス・コンシャス」(price consious)とは、消費者が商品選択の際に厳しい
 選択をするようになり、これまでの価格体系を見直そうとする動きで、不況を
 契機に出てきた言葉。 だそうです。

わが日本、悔しいですが前途はますます多難という気がしてきました。


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル広巾生地の「染の布」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2008年制作事例イージーオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2009年09月04日(金)更新

ライフスタイル、ライフデザインと言うとき。

昨日は、県の「産業支援センター」が主催したデザインセミナーに出席してきました。
いつもの国道を曲がるところを一本過ぎてから曲がったら、見覚えのない景色が。
遠くに見えるセンターのビルがだんだん遠くなり、「アレ?」と思って強引に農道を
戻ると行き止まり。

「年をとったのか」と腹立たしい思いでようやく20分おくれで駆け込みました。
「寸法感覚、距離感覚、風景の記憶など」が衰えてきているんでしょうかね。(苦笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナー講師は「アッシュコンセプト」代表の名児耶秀美氏。

アッシュコンセプト代表の名児耶秀美氏

不勉強でお名前を知りませんでしたが、リビング、雑貨関係では有名なデザイナー
で、そのお仕事は「Gマーク」にも多数選定されています。

特に氏を有名にしたのは、MoMA(ニューヨーク近代美術館)が最初に販売した
ことから日本でもヒットした「動物型の形状記憶(?)輪ゴム」シリーズ。

見る人、使う人に感情を動かさせる輪ゴム 見る人、使う人に感情を動かさせる(感動)輪ゴム

犬、猫などから始まって今では恐竜シリーズも人気。ヒットしても絶え間ない材質の
改良や工夫を重ねることもデザイナーの責任とおっしゃいます。

普通の輪ゴムはいいもので1個1円くらいのところ1個が20円~25円の輪ゴム。
アイデアやデザインが価格決定の決め手になる例として、セミナーのテーマである、
「日本のデザイン力とものづくり力“デザインを経営資源にしないと生き残れない”」
は、教えられることの多いセミナーでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「知識デザイン企業」を目指す当社としては「デザインを経営資源にする」というの
は自明なのですが、それには学ばなければならないことが多くあります。

一般に「デザイン」というと、形や色にとらわれがちですが、もう少し理解のある人
でも機能、価格までを含めてという理解です。最近のリサイクル、リユースなどの
環境・資源まで包含した「社会・個人の生活哲学」というファクターまでを入れて
「グッドデザイン」を評価する人は経営者にも少ないのではないかと思います。

“スタイル”という言葉も「形、姿、形状」ととらえられがちですが、「ライフスタイル」
のように、本意は「考え方、道(どう)」と言ったほうがよいのでは、と思います。

同様に「ライフデザイン」という言葉なども使われるようになって来ていますから、
成熟した高い美意識を持つ多くの日本人に受け入れられるモノやサービスとして
「上質のデザイン、スタイル」を提示できなければ、経営資源とはなり得ない時代
が来ているということではないでしょうか。

もっと言えば「経営やビジネス自体もデザインされなければならない時代」だと
思います。

「内なる価格競争、中国や途上国との国際競争」から生き残りを計る戦略として、
「デザイン」はますます大きな要素となっていくに違いないと実感したセミナーでした。


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル広巾生地の「染の布」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2008年制作事例イージーオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記
次へ»

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....