大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


【お題】会社を大きくすることについて

投稿日時:2006/10/26(木) 16:36rss

<明大生 高津明徳さん からのご質問>

会社を大きくする、ということにどれくらい魅力を感じていますか。
自社について、「これくらいまでにはしたい」という将来像がありましたら、
あわせて教えてください。


にお答えして。


首題のようなご質問があると、いつも頭に浮かぶのは
社長の器量」という言葉です。

会社の大きさをいう場合、売上とか、人員とか、設備
あるいはそれらの総称とかいろいろあるでしょうが、
昔から「社長の器以上には大きくはならない」と言われて
いることを結構気にしています。

言い換えれば、社長の「器量」以上に大きくした場合は
大概悲劇的結末を迎える、ということをいっているのだ
と解釈しているのですが。要するにコントロールできなく
なるということでしょうか。

もうひとつ、放っておくと会社というものは不必要に
大きくなるものだ、ということも聞いたことがあります。
そりやそうですね。収益も投資効率も無視してなんでも
扱えば売上をつくることは難しいことではないかも知れ
ませんから。


このご質問に関して、事務局の大西さんが仰られていた
ように、業種、業容で「大きい」という概念はそれぞれ
違うようです。

私の全く個人的な意見というか、希望ですが、大きいより
真珠のような光をもつ小さな会社」が夢です。
それだけの器量しか持ち合わせていない、ということでも
あります。

さて後継者はどう考えているでしょうか。

横山 国男

**************************************

はじめまして。
後継者です。

社長(父)よりお題をバトンされたようなので
こたえてみることにしました。


私は会社を大きくする目的が何かによる、と考えています。

重点をおくのは、

より多くの人の役にたつには?
お客様にもっとたくさん喜んでもらえるには?

ということです。

そのために必要なら、会社が大きくなろうと小さくなろうと、
どちらでもよいと思っています。


横山 奈保子

http://www.yosakoiya.jp/
http://www.echi-zen-art.co.jp/

トラックバック一覧

コメント


コメントいただきありがとうございます。

横山国男社長様
「社長の器量」お話大変勉強になります ありがとうございます。ある成熟企業のS氏がTVにおいて、お金も何千億円という単位になると もうお金ではなく ただの記号です とおっしゃられているのを拝見して 正直寂しく思い、コノ人は コントロールできているのだろうか?と疑問に思った事を思い返していました。社長の言われる、「真珠のような光をもつ小さな会社」わたくしはこのお言葉に経営者には必須な 謙虚さを大変強く感じました。ありがとうございます。

Posted by 高津 明徳 at 2006/10/27 14:18:00 PASS:

コメントありがとうございます。

横山 奈保子様 

より多くの人の役に立つ。お客様にもっとたくさん喜んでもらえる。お気持ちが伝わるお言葉です、ありがとうございます。customer satisfaction を 必要に応じ、対応していくことは、消費者の志向や、時代の推移も同時に読み取らねばならないので、大変勇気のいる事であると思います。 しかし あえてそこに重点を置かれる。これからの時代を進む経営者の決断を知ることができ、大変嬉しく思います。ありがとうございました。

Posted by 高津 明徳 at 2006/10/27 14:32:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....