大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


少年のような人=ノーベル賞の根岸英一さん。

投稿日時:2010/12/09(木) 18:10rss

Golf Digest Choice No.192 2011年1月号
<Golf Digest Choice No.192 2011年1月号>

ゴルフ雑誌=月刊『ゴルフダイジェスト チョイス』新年1月号の表紙で
破顔一笑されているのは?

ノーベル賞を受賞された根岸英一さん(75歳)です。
本当にこの方はテレビでも他のメディアでも拝見するのは笑顔ばかり。
こんなに楽しそうな日本人を最近見かけません。

同じ出版社の「週刊ゴルフダイジェスト」に先日インタビュー記事が載り、
根岸さんは、ゴルフとスキーとカラオケが大好きなんだそうで、どれも
独学なんだけれども、そこは科学者なので、日夜上達のために研究するんだ
そうです。

ゴルフも理にかなった素晴らしいフォームで、とても75歳とは思えません。
シングルハンディの実力をお持ちでしょう。インタビューのタイトルは
「ノーベル賞のつぎは、エージシュート、かな」となっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インタビュァーの編集主幹が「いちばん難解なことを考える人が、いちばん
無邪気に遊んでいる。そういうものかな、と思いますが、ちょっとジーンと
くる光景です」と、里帰りとなった日の翌々日、文化勲章授賞式の前日の
11月2日、嬉々とゴルフに興じられる根岸さんを評しています。

文中、根岸さんの言葉から心に響いたものを・・

『私なんかインディアナ州という何もないところに住んでいますが、自分が
何かをやってさえいれば、とてもいい所なんです・・』

『アメリカという国は、車の免許が取れる歳から、嫌になる歳まではいい国
だと思います。今も家内は乗らざるを得ないから乗っていますが、朝ガレー
ジから出してくれと。ぶつけられるよりはいいかなと思って出すんですが
(笑)、そろそろそういう時期なのかなとは思います』

そろそろそういう時期というのは、日本へ帰国されるおつもりは?という
インタビュアーの質問に対してのものです。

ーーということは、エージシュート(年齢と同じスコアで回る=ゴルファー
究極の夢)は、日本でということになるかも知れませんね、と水を向けると、
『そうですね。短いところで(笑い)。それは新しいゴールのひとつですね』

笑顔とともにお答えもサービス満点。気さくで素晴らしい人で、人間的魅力
に溢れておられます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『天真爛漫な人だった。少年のように、1打ごとに目を見張り、はしゃいだ
り、悔しがったり。こんな大人を久しく見なかったような気がする。だから
学問の神様に愛されるのだろう。そして、次はゴルフの神様の出番である』

と、インタビューした編集主幹の中村さんが最後に感嘆しています。


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

トラックバック一覧

コメント


根岸博士の愚

同博士の講義の映像を見た。
この男、ただのカッコマン。
アメリカに行ってアメリカかぶれをした馬鹿
研究の為渡米したとか。そしてノーベル賞受賞。
国を捨てた者に好意的にワイワイ騒ぐ日本のマスコミと国民。特許を取得していないと自慢する
博士。日米でどれだけの給与を貰って研究をして
その恩返しもしないでポケットに片手を突っ込んで高いところを歩き回り、欧米人風のゼスチャをして・・・最低だと思う。
同じなら日本人らしく振舞ってほしいものだ。
その点では鈴木博士のほうが賢人か?

Posted by 俺たち私たち日本人 at 2011/01/01 15:52:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2020年9月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....