大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


それから9・11(ナイン・イレブン)の話に・・

投稿日時:2010/08/26(木) 08:10rss

先日、米国から一時帰国中の次女が、知人宅で知り合ったという米国人女性
を当社に連れてきたのでしばらく話をしました。
Rさんという30代と思われる日本語の堪能な人。

二回目の来日で、最初は数年前、福井県の教育委員会が募集したAET~
(Assistant English Teacher)として、福井市に近い小・中学校で
英語の指導をしたとのこと。初めての日本での生活の笑い話や日本の英語
教育についての問題点などをおもしろおかしくしかも的確に話してくれま
した。

今回は京都の大学へ留学生としてきているそうで、専攻は「国際関係論」、
テーマは「澤田美喜さんについていろいろ調べています」と言う。
「あー、あのエリザベス・サンダース・ホームの・・・」と私が言うと
「ご存知ですか?知っている人少ないです」と彼女がホッとしたような
顔をしました。

戦後間もないころの話ですから、知らない人が多いのも無理ありません。
私も詳しいわけではなく、ジョセフイン・ベーカーさんというダンサーも
たしか関係ありましたね、などとウロ覚えの話をしました。
以下彼女のレクチュアーです。

澤田美喜さんは三菱財閥の創始者岩崎弥太郎の孫で夫は外交官。
ロンドンで孤児救済に目覚め、帰国後米兵や軍属と日本女性の間に生まれ、
捨てられた混血の孤児をホームに引き取り、述べ2000人も育てたとの
こと。
国に物納した大磯の岩崎家別荘を、並はずれた強い意志と情熱で多額の
資金を集めて買い戻しホームにするなど、その生涯はいわれのない人種
差別との戦いでもあった・・成長した孤児を後にはブラジルでの新天地へ、
という活動もしたが、今はまだそこまで調べていないとRさんは言いました。

「国際関係」「共生社会」にふさわしいテーマのように思います、と私は
言いました。
そして、ふっと思いだして「9・11の時、貴女はどこに?」と質問しま
した。人種、国際関係、共生などの言葉から連想したのかも知れません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ああ、9・11、ナイン・イレブンね。私は両親とニュージャージーに
いました。ニューヨークとは近い所です」。

メディアなどでは「September Ereven」とか言うようですが、一般には
「ナイン・イレブン」なのか、と思いました。

「もちろん、すごいショックでした。ニュージャージーにはJ・Fケネディ
など大きいエアポートだけでも3つあり、24時間飛行機の音がします。
でも、あの時3日間すべての空港が閉鎖されました。すごい経験でした。
全く音というものが消えてしまったのです。私、毎朝近所の森へ散歩に
行ってましたが、たまに空軍のジェット機が低空飛行で飛んできて怖か
ったです。そして町中の人が急に優しくなったんです。スーパーマーケット
のレジでも「お先にどうぞ」なんて。そんなことそれまでになかったこと。
これからどうなるんだろう、アメリカは大丈夫なの?人種や肌の色に関係
なくみんなが何か絆を、もっとコミニュケートしたいと強く思っていたのか
も知れません。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2001年9月11日。あれから9年、間もなく総数3000名に近い
犠牲者を出した「ナイン・イレブン」がやってきます。
遠い日本でも連日リアルな映像を見つめ、背筋が凍る思いをしたのは私だけ
ではないと思います。

真の「共生社会」のためには、澤田美喜さんのような人がもっと世界に必要
なんでしょうね。

Rさん、また来てその後の研究の成果を話してください。

株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2021年6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....