大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


悲しき「鶴丸」

投稿日時:2010/01/15(金) 09:15rss

帰国のため空港に到着、手続きを終えて「日航機」に搭乗し席に座ると、なにか
もう日本に着いたようなホットした気分になったものです。

心のどこかで「緊張」「身構え」ていた自分・・客室乗務員(CA)のにこやかな応対
に癒されました。ここしばらくのJALの話題は、そんな私にとっては悲しい気分に
させられます。

先日、朝のワイドショウでチラッと見ただけなんですが、キャスターが『話題の
「沈まぬ太陽」という映画、あれは日航がモデルと言われてますが、あの内容は
本当なんですか?』と質問すると、かって社員だったというコメンテーター氏が
『 まあ、8割ぐらいは・・』と答えていました。

続いて『子会社・関連会社など傘下の企業は300社にも及び、利益が出ている
のは1社のみ』とか。・・本当なら信じられません。よく今まで続いてきたなーと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かっての日航のシンボル(ロゴマーク)は「鶴丸」。日本を代表する鳥「丹頂鶴」を
図案化した秀逸なデザイン。「家紋」を連想させる日本人の美意識が感じられて
大好きでした。 動物をモチーフにした企業のシンボルマークとしては最も優れた
ものの一つと思います。

かってのJALのシンボルマーク“鶴丸”

2002年のJAL/JAS統合で、今の「The Arc of the Sun (太陽のアーク)」に
変わりましたが、およそ半世紀の命を終え、全ての尾翼から“鶴丸”が消えた
のは2008年5月。 そういえばかなり最近まで羽田などで見かけました。

「親方“鶴丸”」とばかりにむしられ続けた悲しき“鶴”。
でも今回の日航の破たんは、そっくりそのまま「親方日の丸」の我が国の行く末を
暗示しているようにも思えるのですが・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

再生JALが苦難を乗り越え、力強く離陸していく姿を見たいものです。
下のカレンダーの写真のように。

JALカレンダー:2010年1月から写真の部分


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル広巾生地の「染の布」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2008年制作事例イージーオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2021年1月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....