大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


明大生との毎週一門百答・・「良い会社」とは。

投稿日時:2007/07/24(火) 10:27rss

<質問>
経営者のみなさまにとって、「良い会社」、「悪い会社」ってどんな会社でしょうか。
また、その判断基準はどこに置いていらっしゃいますか。

(明大商学部 山崎優さん)


私には課題としてちょっと大きすぎるような気がしますが、考えてみました。

老若男女の個人も法人(企業・会社)も公務員もみんなこの「社会」を構成している要員ですが、「よりよき社会」にすることに反対の人はいないはずです。

そこで「良い会社」「悪い会社」ですが、最近「ステークホルダー」という言葉をよく耳にしますので、調べてみますと、「企業を運営するにあたり、経営者が株主のために株主価値や企業利益の最大化を目指すことは本質的に正しいが、その他にも住民や地域社会なども含めた社会全般も“ステークホルダー”であると認識する必要がある(要約)」と書かれています。(KPMG Japanのホームページ、ビジネスキーワードから)

こういう認識が欠如していると、TVカメラの前で一斉に頭を下げる羽目になり、最悪の場合には、信用が失墜し、企業価値を一瞬にして失うことにもなりかねません。

結論ですが、「良い会社」とは、株主・経営者・従業員にとっての良い会社だけでなく、広範なステークホルダーへの十分な配慮を忘れない会社ではないか、と思います。

以上は企業が存続するには、まず「良質な市民」であることを求められる時代になったことでもある、と思いますが、「市場経済」というのはある意味健全ですね。

なかなか変わらない(潰れないから変える気がない?)「お役所(公務員)」と比較するとよくわかります。「国民や住民、社会の利益の最大化」のために税金を使ってほしいのですが、天下りなど「自身の利益の最大化」に熱心なような気がします。
横山国男

【染型工房 横山工藝】
http://www.ykougei.jp/
【オーダー よさこい屋】
http://www.yosakoiya.jp/

トラックバック一覧

コメント


ご回答ありがとうございます。

お返事が遅れて大変申し訳ありません。

私もマーケティングの授業等でステークホルダーへの配慮を良く耳にしましたが、私は実際には、いまいちどこまでをステークホルダーとすれば良いのかが分かっていません。

ただ、CSRや関係性マーケティングなど企業に求められるものが広がってきているなとは、おこがましいとは思いながらも感じています。

そういった多くの人、社会に利益を出していける企業は良い企業なのかな?と感じました。

ご回答ありがとうございました。

Posted by 山崎 優 at 2007/07/26 16:09:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2021年6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....