大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


池田晶子さんの死亡記事に驚く

投稿日時:2007/03/03(土) 12:58rss

今朝早く朝刊を広げて、やさしい文体と切れ味のよい口調
で「哲学」を魅力的なものにしてくれた池田晶子さんが、
2月23日にすでに亡くなられていたことが報じられていて
驚きました。

急いでヤフーの国内ニュースを見ましたが、まだ何も報じられて
いませんので「本当かな」とも思いましたが、そういえば
一昨日、毎週楽しみにしている「週刊新潮」コラム「人間自身」
が見当たらないので、目次をさがすと、

*池田晶子「人間自身」は休載します。

と小さい字でお断りがありました。もうこの時点でこの世に
おられなかったことになりますが、一週間以上の発表の遅れは
何か事情でもあったのでしょうか。


著作も何冊か読み、大のつくフアンの一人でしたが、語り口も
さることながら、特徴のある美形で不思議な魅力を感じていま
したので、新刊書にはさまれていた「サイン会」の入場券で
一度ご本人を見てみたいもの、と東京へ出向く社用がないか
考えたほどです。

独身かな、とも思ったのですが、記事には“喪主は夫 伊藤實氏”
とあります。
死因は腎臓がんとありますが、享年46歳、あまりにあっけない
最後で、(つい先日もコラムで“混浴”の話題を面白おかしく
書かれてもいましたので)もうあの名調子に出会うことが出来ない、
と思うと今朝はすごくさみしい思いで胸が一杯になっています。

合掌。


横山国男
http://www.yosakoiya.jp/
http://www.echi-zen-art.co.jp/

トラックバック一覧

  • » 訃報:『14歳からの哲学』の池田晶子さん死去 from 栄枯盛衰・前途洋洋
    今朝の朝日新聞を見て驚いた。『14歳からの哲学』((株)トランスビュー発行)などの作品で著名な、池田晶子さんがさる2月23日に腎臓がんでなくなっていたという死亡記事が出ていたのだ。 14歳からの哲学―考えるための教科書 『14歳からの哲学』に「考えるための教科書」というサブタイトルがつけられているように、池田さんは、平易な言葉で、哲学を語り、考えることの大切
  • » 人の死は悲しいのか  池田晶子の死  『人生のほんとう』  from 試稿錯誤
                                              「。。親しい人が死ぬと、当然「悲しい」という感情が起こります。ただ、なぜ悲しいのかなと少し距離を置いて考えてみると、おそらく第一に「もう会えない」という思いがあります。その次がたぶん、「かわいそう、気の毒だ」、「死んだひとは悲しいんじゃないか」、そういう思いもありますね。 でも、これはよく考えてみると、わからないんですよ。ひょっとしたらそれも思い込みではないかと考えることもできます。死んだ人が悲しいと思っているかどうかはわからない。死ぬのが本人にとって悲しいことなのかどうか、われわれにはあくまでもわからないんですよ。だって、われわれは死んだことがないわけですから。 (略) けれど、たいていは、「もう会えない」という感情のほうが、悲しみの内容としては強いのでしょう。でも、その「もう会えない」とはどういうことか...

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2021年3月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....