大きくする 標準 小さくする
  • ブログトップ
  • うしろすがたのしぐれてゆくか・・・山頭火とブログ

«前の記事へ 次の記事へ»


うしろすがたのしぐれてゆくか・・・山頭火とブログ

投稿日時:2007/02/05(月) 09:58rss

「書くこと・伝えること」と題し、「経営者会報ブログ」事務局の
吉田さんからブロガーへの示唆に富んだアドバイスを頂きました。
(1月25日付 経営者会報ブログ・コムMAGA VOL.44)

“書くこと”のプロは「“書くこと”より“伝えること”」に全精力
を注いでいる、PR文を書く際の「はひふへほ」の法則、報道する
ニュースの三要素「ワァ!」「ヘェー」「ホォー」など、いずれも
「なるほど」と思いました。


 私の場合「ブログは日記」との先入観が頭のどこかにあって、30回ほど
書いてみましたが、なんとなく落ち着かないのは、「ブログ」は半ば
公開されるもので、通常の「日記」・・「書き手が一人、読み手も一人」
で何を書いてもかまわない、とはいかないところとの違和感でしょう。

まして「経営者会報ブログ」は、実名でまがりなりにも「経営者」の
「日記」となると未だに結構プレッシャーを感じています。

         ・・・・・・・・・・・・

「書くことより伝えること」で「これだな」と思ったのは「俳句」です。

5・7・5、なんと17文字で言いたいことを「伝えて」しまう。
タイトルの「うしろすがたの・・」などはひらがなで14字しかありま
せん。あとは「読み手」の感性がどうかだけ。
百万言を費やしても「伝わらないものは伝わらない」ということでしょうか。


先日TVで自由律俳人「種田山頭火」の俳句を、90年たった現在でも
PR文の「嚆矢」としている、と高名なコピーライターが語っていました。
ご覧になった方もおられると思いますが、山頭火が句作の要領について
述べているのが秀逸と思いましたので、その辺の紙に急いでメモしました。

○ 情に溺るるなかれ。

○ 添えるより捨つべし。

○ 言いすぎは言いたらないよりもよくない。

○ 道として行として句作せよ。

○ ぐっと掴んでぱっと投げる。

「うしろすがたの」でぐっと掴んで、「しぐれてゆくか」でぱっと投げる、
というわけですね。

「道として行としてブログせよ」・・久米さん、参りましたッ。


横山国男

http://www.yosakoiya.jp/
http://www.echi-zen-art.co.jp/

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....