大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


中国を楽しむ―その二

投稿日時:2006/11/24(金) 11:02rss

世界的なチエーンの立派なホテルも結構ですが、旅行は
国内でも出来るだけクラシックなホテルを選ぶように
なったのはこの10年ほど。

上海では1929年(昭和4年)に出来た「和平飯店」に二泊
しました。
ツインで一泊22000円、上から2~3番目のグレードで
しょうか。


和平飯店


こちらの旅行社で手配しましたが「五星ですが、古いので日本人
の方はあまり・・、水廻りのよくない部屋もあると聞いていま
す」と仰るので「いえ、いえ、少しもかまいません」。
心配はもちろん杞憂でした。

部屋も廊下もやわらかいオレンジ色の照明で満たされ、
8階のフレンチのグリルは素晴らしいアールデコ調の室内、
朝食を頂いた最上階の中華レストランは豪華客船の大食堂風、
対岸の高層ビルと眼下に運河が見渡せる眺望に家内も感激
した様子でした。


夜はこのホテル名物の「オールドジャズバンド&バー」を
楽しみました。

上海ジャズバンド

70歳を超えた老ジャズメンが懐かしいスゥイングのナンバーを
ほとんど譜面なしでの演奏。
一曲終わるごとに小休止するのもご愛嬌です。


深作欣二の映画「上海バンスキング」(1984)は、昭和11年の
上海租界が舞台だそうですが、「租界」とか「間諜」とかには
独特の響きがありますね。
今はもう死語化しているようですが。

「租界」とは単なる外国人居留地とは違い、居留する国の軍隊
が駐留し、権益を守るというわけですから、その背景を考えると
緊張感があるのは当然ですし、いろいろなスパイやメロドラマ
の恰好の舞台にもなったのでしょう。


深夜2時ごろになっても、窓をあけると、下の大通り「南京東路」
からは、頻繁な車のクラクション、警官の笛、時折叫び声や怒号
などと一緒に強烈な排気ガスの臭いが飛び込んできます。


2010年の万博を成功させた上海をもう一度訪れてみたいものです。

横山国男
http://www.yosakoiya.jp/
http://www.echi-zen-art.co.jp/



トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2021年9月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....