大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


中国でビックリ・・その一

投稿日時:2006/11/14(火) 14:22rss

日本ではお酒で知られる紹興市(人口450万)の高校と
福井の母校とで2000年から交流をしているので、先生、
代表の生徒さんなどと一緒に初めて訪問してきました。

一行は13名でしたが、校門でバスを降りると、いきなり
ブラスバンドの演奏がはじまり、4階建ての校舎の窓から
生徒さんが手を振り、大きな声で何か言っていますが、
勿論さっぱりわかりません。

おそらく横断幕によくある「熱烈歓迎」ということでしょうが、
そのような経験がないので、横にいた家内も私もちょっと
照れてしまいました。

「中国交流委員長」というお役目の公式な行事が終わったあと、
私たち夫婦は一行から外れて上海へ一足先に戻りました。
上海へは鉄道に乗ってみたかったので切符の手配を御願い
しておきました。

新装の立派な「上海南」駅、改札にいた中年の女性駅員さん
は切符を回収するでもなく、こちらが「タクシー乗り場は
どこ?」「タクシーどこ? タクシー、テキシー・・」と
連呼しても困った顔でそのうち向こうをむいてしまいました。

これが回収されなかった切符。


中国列車の切符



驚くのはその料金の安さです。50元といえば750円くらい、
私の住む福井と大阪くらいの距離、時間ですからJRの特急・
グリーン8030円に比べると十分の一。
「新空調軟座快速」とあり、グリーン車座席に近いシート
でしたし、他の車両との間に鍵をかけていました。


中国列車洗面台

<花は生花でした。>


車掌さんは若い女性で、もちろん改革解放前のようないか
めしいスタイルではありません。
白いブラウスに紺のズボン、頻繁に乗客に水かお茶の
サービスをしていましたが、友人から「水」はペットボトル
を空港で買うように、と教えられていたので持っていました。


高速道路もドンドン延長され、自動車もかなり増えている
ようですが、広大な中国では移動はまだまだ鉄道とバスが中心、
利用者も多いのでこの料金で採算がとれるのでしょうし、
一般的な国民の収入からみると妥当な料金かもしれません。


お土産としてすごく人気がある、ということでこちらの学校
から「グリコ アーモンドチョコレート」も沢山スーツケース
に入れていきましたが、これが中国では50元するそう。
(日本のスーパーで200円ぐらいでしょうか)

アーモンドチョコ1箱で、楽しい二時間半の中国鉄道を楽し
めたことになります。

横山国男
http://www.yosakoiya.jp/
http://www.echi-zen-art.co.jp/

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2021年6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....