大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


どっちが勝ってもいいんじゃない

投稿日時:2006/10/25(水) 14:30rss

”Yahoo!スポーツニュース”10月21日(土)日刊スポーツの
記事に、新庄選手が掲げたサプライズテーマとあります。


「襟付きアンダーシャツ」騒動や、シリーズ開幕前、またまた
真っ赤な練習着で審判団を慌てさせたようですが、これが
この人のキャラクター、その心は「フアン、視聴者に楽しんで
もらうこと」ひとすじのようです。
スタンドが真っ赤になるのも「新庄効果」だそうです。


私たちの年代の日本シリーズとは、水原巨人と三原西鉄の因縁
の対決とか、フォークの中日杉下茂の連投とか、今でもこの季節に
なるとTVで白黒の画面で見せられたりします。それはそれで
体がチョット熱くなりますが。


NHKBSの放送ではそういうことはありませんが、民放の「日本
シリーズ」中継では、たびたび新庄選手にカメラが向けられ、
長年愛用のグローブを頭に被ったり、劣勢でもニコニコと観客
と交歓したりしているのを見ると、本当にこの人は「どっちが
勝ってもいいんじゃない、みんなで楽しめば」と思っている
ようで「凄い人やなー」と思います。


「スポ根」も今は流行らないようですね。
サッカーの中田英や、イチローなどの「自分のやらなければ
ならないことは誰に言われるまでもなくしっかりやる、でも他人
は他人」というスタイル。それでいてワールドカップやWBCでの
二人が見せた「フォアー・ザ・チーム」での仲間への「優しさ・
思いやり」に新しいプロスポーツマンの姿を見て感心します。

新庄選手も今期限りだそうですが、中田、イチロー選手も含め
厳しい毎日を楽しみながら、この人たちは、第二の人生でも
きっといい仕事をしていくタイプだと確信させるものがあって、
大したエンタティナーだと思わずにはいられません。



でも感心している場合ではありません。当社はリーグ優勝に続いて
「オレ流Tシャツ“日本一”バージョン」を球団から指示されて
待機中なのです。
決まった瞬間、ドラゴンズのHPにUPすることになっています。

「どっちが勝っても・・・」は困るのです。
新庄さん、あまりいいところでは打たないで。


日本一オレ流Tシャツ



横山国男
http://www.yosakoiya.jp/
http://www.echi-zen-art.co.jp/

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2020年5月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....