大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


トスカーナ・・家族旅行の思い出

投稿日時:2011/02/28(月) 23:45rss

二人の娘も30代の半ばを過ぎたのに、親は何かのとき子供あつかいを
するフシがあるのは困ったもので反省しなければ。

家族で旅行した記憶はあまりありません。娘たちが小学生のころ、当時
凝っていた「オートキャンプ」で、夏休みに北海道をワゴン車にテントを
積んでほぼ一周したことがあります。一週間ほどの旅でした。

中学、高校生ともなると、私の仕事も忙しかったですが、何より娘たちが
部活や塾へ行く日が多くなり、吹奏楽部の次女などは夏休みでも毎日のよう
に練習のため登校していたような記憶があります。

+++

次女が大学を卒業する前年の秋、これからはこういう機会もないだろうと
考えて家族4人でイタリアへ行くことを提案しました。

仕事であるテキスタイルプリントに関連して、ミラノにほど近いコモには
私自身何度か行きましたが、もっと南の葡萄畑と古い中世の街が点在する
トスカーナ地方に一度は行ってみたいものと憧れていました。

フィレンツェで買った記憶があるカレンダーが1997年のものなので
旅行は96年の秋でした。
トスカーナ地方の古い街並みや美しいブドウ畑の写真ばかりなので、今日
まで旅の思い出に残してあります。  それにしても時の経つのは早い。

   
 <表紙は有名なチェルタルド>

+++

トスカーナの中心、シェナにほど近いところで大きな農家を買い取り、
アトリエも設けて制作していた知人のフランス人画家が、発つ前に連絡
すると「ぜひいらっしゃい」と言ってくれたので、私たちは新婚さんばかり
のツアーをはずれて一日寄り道することにしました。

画家はフィレンツェのピッティ広場で私たちを拾うと、4駆のSUVを疾走
させながら「もう10日ほど早く来れば葡萄の取り入れの仕事が一杯あった
のに」と英語で言った(ようだ・・笑)。

+++

途中、バスの窓から遠くに見えていたいくつかの古い石造りの街、そのうち
の一つSan Gimignano(サン ジミニアーノ)に入って車を止め、かって
役場だったというホールで開かれていた画家の個展を見せてもらいました。


  <サン ジミニアーノ>

日本の墨絵に惹かれてその技法を独自のものにした彼の「裸婦」のデッサン
や油彩などは本当に生き生きしてどれもチャーミングで、ヨーロッパでの
人気ぶりがわかりました。



夕暮れのオレンジ色の街灯に照らされた中世の街が素敵でした。
細い路地の左右にはいろいろなお店があり、ぶらさがっている手打ちの
銅鍋や調理器具にカナイは目を輝かせていましたし、娘たちも小さなお土産
をさがして歩いていました。

+++

画家が家の中やアトリエを案内してくれたあと、地下の土を掘った横穴から
埃まみれのワインを持ってきてテーブルに置きました。
「日本では世話になった」ということでしょうか、年代もののキャンティ
ワインで日本では相当値の張るものだったに違いありません。

これも近くの川で獲ったというマスの料理をいただいたあと、同居している
陶芸家が私たちをツアーの一行が待つフィレンツェのホテルに送ってくれま
した。その頃はツアーには「フリータイム」というような設定が少なく、
前もって旅行社には了解をとっていましたが、添乗員(女性)が帰ってきた
私たちを見てホッとした顔をしたのを覚えています。

+++

この旅のことを思いだすと、当時卒業後の就職のことで私と次女には考え
の相違があり、旅行中も少し話をしましたが私は気が晴れませんでした。
しかし、後年次女の机の上に画家のアトリエの暖炉の前で撮った一枚の
写真が飾られてあるのを見て、なぜかホッとしたような気分になりました。
娘たちにとってもいい時期のいい旅だった、と(勝手に)思いたい。

株式会社横山工藝 横山国男

染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....