大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2010年11月15日(月)更新

久米さんも発起人・・意見広告「日本発ものづくり提言プロジェク・・」

先週末の繊研新聞に、“意見広告「日本発ものづくり提言プロジェクト」へ
のご賛同のお願い”という告知が出ていました。
久米繊維工業久米信行社長も発起人のお一人として名前を連ねておられまし
た。

タイトルの下に「日本のファッションビジネスを支えてきた国内の繊維・
アパレル製造業はいま、存亡の危機に立たされています。私たちは、日本
初のものづくりの待ったなしの危機を直視し、国内製造の存続と強化を
志ある業界人が呼びかける意見広告運動を提唱します。各位のご賛同を切に
お願いします」とあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

背景の説明には、当社業務にも密接に関係がありますので、納得すること
ばかりですが、
<国内生産の縮小が続いています>として、国内の繊維製造業の事業所数
は97年からの10年間で45%減少、バブル期末の91年から見ると58%も
減少。 問題は産地の有力テキスタイル・染色企業や「残って欲しい縫製
工場」などが少なからず消えて行っていること。

<受注に応えられない事態も起こっている>として、すでに国内の衣料
「自給率」は5%を切っている状態。それでも全国各地域で20万人以上を
雇用している事実から、雇用創出の観点から見ても重要な課題である。
生産と市場のグローバル化という流れは否定できないが、依存度の高い中国
でのアパレル生産は納期遅れが恒常化しつつあり、短納期、小ロット、価格
や品質に厳しすぎる日本流のアパレル生産にノーを突き付け始めたという
現実。ものづくりの外部依存を続けてきたアパレルには、ものづくりの
ノウハウが無くなっている。

そして、
<今がチャンス!市場もメード・イン・ジャパンを求めています>
として、今後も低価格の定番ファッションは一定の部分を占め、高品質・
高価格商品との二極化になると見られている。(略)発展途上国では市場や
消費者のニーズをくみ取り、企画者と生産者が感性を共有しながらものづく
りを行うのは困難であるとして、単に「国内生産が危ない」という理由だけ
でなく、もっと積極的な意味で、品質など内容を伴う「メード・イン・ジャ
パンの創出」という目標達成のためにも国内生産が必要不可欠なのです。
としています。

結びには、
『業界へのインパクトある問題提起になる意見広告運動を起こすことにしま
した。多数の皆様のご賛同をお願いする次第です』と書かれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この告知の内容は、現在日本のテキスタイル(糸づくり、織り、編み)、
染色や縫製の置かれている実情(窮状)を正確に伝えていると思います。

さらに言えば、他業種でも全く同様の業界があるのではないかと思います
が、アパレルに限らず、ことファッション性の高い、即ち「感性商品」なら
まだまだ戦える、しかし生産現場が喪失してしまえば、それも叶わぬ夢とな
ってしまうと。

当社は「地場産業ルネッサンス」をポリシーにしていますので、この意見
広告に賛同して参加を申し込むつもりです。


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2010年11月09日(火)更新

『東京時尚之旅』

ちょっと前ですが、繊研新聞の下段に『東京時尚之旅』というファッション
ガイド誌を、同紙が来年1月に発行するので「広告募集中」という案内が出
ていました。

中国上海エリアを中心に5万部を配布、東京への中国人旅行者、特に“東京
のファッションを中心としたトレンド”に敏感な中国人をターゲットに、
銀座、丸の内、池袋、渋谷、表参道などをマップ付きで紹介するというもの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

円高をものともせず、アジア各国からの観光客はすごい勢いで増えている
ようですが、中でも中国人は観光でもショッピングでもますますその存在感
を増しています。

加えて羽田が東京国際空港として24時間対応となったため、ホテルなどの
受入れその他も今までとは違った対応に迫られ、ベッドメーキング、リネン
関係でもメードさんたちが従来のやり方では対応し切れなくなってきて、新
しい方式や工夫が求められています。

従来とは違うスピーディーなシーツやカバーの交換、一室で2分短縮できる
だけでも、大手ホテルチェーンでは年間数億のコスト削減につながるとも
聞きました。当社では、現在、その一端をになう加工に取り組んでいます
が、これから本格化することを期待しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファッションを中国語では「時装」というのでは、と思っていましたが、
「時尚」という場合には、もう少し広い意味があるんでしょうか。
知り合いの中国の人に今度尋ねてみたい。

2010年11月05日(金)更新

「お茶会」・・“次客”で緊張する

3日(祭)は、市民文化祭という催しで、友人夫妻のE子さんが「お茶席」
の責任者を勤めるのでぜひお出でください、とのお誘いに、お昼過ぎカナイ
と大きな市民ホールへ。

能楽などの芸能、美術展などのほか、茶道も各部が席をつくって多くの
市民が集まっていましたが、若い頃は、この日はゴルフなどに行っている
休日で、あまりこのような催しに出かけた記憶がありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

待合となっている廊下の椅子には、すでに次回のお点前を待つ人が20人
余り。入れ替わりがあって、最後尾の席に腰を下ろすと、E子さんが挨拶に
見え、私に最前列へと何度もおっしゃいます。
「不調法なのでカンベンして」と押し問答しましたが、みっともないので
言われた席に着きました。

正式なお茶席に出たこともなく、いつもはロータリーの大会などで設けられ
る気のおけない茶席で、お菓子を頂きお運びの女性からお茶碗を受け取り、
何度かで飲み干して一礼して退出する、という程度の作法しか知りません。

左となりは正客の女性。私は次客ということか。扇子をひざにして座って
おられるのですが、私は扇子の用意もありません。後ろからカナイが懐紙
を差し出す。

E子さんの挨拶、正客への出席お礼とともに私の名前まで言われて少し緊張
しましたが、正客のやられるとおりにマネすればなんとかなるだろうと腹を
くくり、目の前の若い女性のお点前を見つめておりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千玄室大宗匠が国際ロータリーの重鎮なので、ロータリーの茶席はいつも
裏千家。今日の遠州流と作法に何か違いがあるかも知れないと考えている
内、お菓子が配られたのでいただく。

次客までは正面からのお茶が供され、E子さんが私の持つ茶碗の由来とか
説明されるのですが、なにか気の利いたご返答をしなくてはならないのかも
分からず、「いただきます」と言って、お茶碗の回し方など少し違うようで
すが、それとなくマネをしてお茶を飲み干し、ほっと一息。

それでも、浅黄色のお茶碗の内面と濃緑の抹茶の色の対比がとても美しく、
飲みごろの温度といい、こういう時代だからか「あ~、お茶はいいな」
とあらためて思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日、E子さんからカナイに電話があり、10時から4時まで13回も
席があり、(250名以上ということか)途中でお菓子も足りなくなって
大慌てで追加するなど、大変でした、とのこと。

道具の選定、掛け軸、生け花などの床のしつらいなど、何かと準備が大変
だったと思いますが、大役を無事勤められ、ご盛況でよかったですね。

不調法な次客で申し訳ありませんでしたが、一期一会の心(?)で
お許しください。
(いい歳をして、少し作法を学ばねば、と思った“文化の日”でした)


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2010年11月03日(水)更新

「味覚人飛行物体」と「未知飛行」

東京農大の名誉教授で、発酵学の権威小泉武夫さんは、「味覚人飛行物体」
と自らを称しているそうです。うまいものがあれば全国どこへでも飛んで
行くから=「未確認飛行物体(UFO)」のもじりでしょうが、講演などで
こんな自己紹介をされると、思わず和みのスタートになるでしょう。

女性ゲストとの対談集「畏敬の食」(講談社)でも個性的な言い回しを披露
されていて、ある料理を前にして、小泉さんいわく「よだれの失禁状態で
ございまして・・」などと、なんとも軽妙で独特の擬音語を交えたお話は
多くのフアンをつかんでいる、と先日の地方紙(福井新聞)のコラムに紹介
されていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この話を読んで、面白い名刺を頂いて印象に残った経験を思い出しました。
東京在住のM原路彦さんですが、名刺の表に滑走路のように手前から向こう
へ文字がデザインされています。 「未知飛行」という社名ですが、お名前
の“みちひこ”とかけているんですね。
友人のデザイン会社の社長が、社名とともに考えてくれたとか聞きました。

印象的な名刺だったのですが、「未知飛行」には、もっと素敵な意味が
ありました。

M原さんは、大手企業(メーカー)の技術者だったようですが、定年後は
趣味が高じて自宅に工房をつくり、ゴルフクラブの研究・制作に打ち込む
毎日を送ることにしました。
(奥様もゴルファーですからよき理解者だったのでしょう)

何と言っても、ゴルフでボールが飛ぶというのは最大の関心事。
プロ・アマを問わず、日夜1ヤードでも遠くへ、と涙ぐましい練習を重ねる
人も多いのです。

M原さんの制作したドライバー(1番ウッド)は、ご本人がセールストーク
をすれば「未知への飛行(距離)をお約束します」ということではないかと
思うのですが、謙虚でいつもご夫婦とも笑顔を絶やさない人たちですから、
そのような自慢げなPRは聞いたことがありません。

「味覚人飛行物体」と称する人、「未知飛行」という工房名、どちらも思わ
ず笑みがこぼれてしまいます。
ダジャレに堕さず、オシャレな感じがします。


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2010年10月29日(金)更新

「アファンの窓」→森のライブ映像をオフイスに。

先日の日曜日の朝早く、いつものインターチェンジを降りて、川沿いの道路
をゴルフ場に向かったところで見慣れないものが道路わきに見えました。
こんなところにいつ鹿の彫像ができたのだろう、と訝しんでいると、突然
それは田んぼの方に身を翻しました。

日本鹿、それもかなり大きい一頭。30年くらいこのあたりを通っています
が初めてみる光景でした。
今年は特に野生の熊や鹿が里の方に出没し、地元の新聞では「熊出没情報」
欄があるくらいで、時には射殺されるケースもあって胸が痛みます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の日経(広告)に(株)インテージの田下社長さんとC.W.ニコルさん
の「次の50年へ。」“フィールドから得た情報こそが強い発信力を持つ”
という対談が載っていて、ニコルさんのファンなので興味深く読ませても
らいました。

            *  *  *

C.Wニコル=1940年生まれ。日本国籍を持つウエールズ出身の作家で
ナチュラリスト。極地探検家でもありカナダでのイヌイットとの共同生活
に始まり、アフリカでの野生動物保護他、世界各地を回った後、長野県の
黒姫山の麓に「アファンの森」と名付けた森に“棲みこみ”、森林育成
自然環境保護を強く訴えるなど、著作や講演を精力的にこなしているのは
ご存知の方も多いと思います。

            *  *  *

里地、里山、生物多様性などに大きな関心がはらわれるようになった昨今、
C.W.ニコルさんの現場力、実体験を活かした強い説得力が魅力です。

対談の最後に、田下社長が面白い試みを話されています。
『私は取って付けたようなCSRが嫌いだ。「アファンの森」に棲みこみ、
情報を発信し続けるニコルさんと出会うことによって、私たちのCSR活動
の絶好のパートナーを得た。当社は50周年事業の一つとして、森に
ハイビジョンカメラを設置し、当社国内営業所でライブ映像を配信する
「アファンの窓」プロジェクトに着手。この12月に配信をスタートする
予定だ(後略)』

これは素晴らしい。大都会のオフイスにいつも森の様子がライブで流れて
いるのです。少し疲れてデスクから顔を上げると、「お、月の輪熊さん、
お出でなすったな」とか「ワー、今日はまた紅葉が一段ときれいねぇ」とか
こんなに癒されるものはないでしょう。

そんなオフイスで働いてみたいと思いませんか。

株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2010年10月26日(火)更新

ほんこさん(報恩講の季節)

浄土真宗では、この季節「報恩講」と言って、開祖親鸞の祥月命日前後に
法要を行いますが、門徒にとっても本来最も重要な行事とされています。

東西の本願寺ほか、真宗各宗派で新暦、旧暦の採用で日程が違うようです
が、私の家にも毎年この時季になると「お寺さん」がお出でになり、お経
をあげていただくことになります。

今年は24日(日)の夕刻でしたが、子供の頃は「ほんこさん」と呼んで
家族総出で家を掃除し、仏壇、仏具を磨いた記憶があります。30年ほど
前、母の葬儀の際、仏壇を新しくしましたが、小型でしかも金ピカではない
ので「磨く」という仕事はあまりなく、助かります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

敬虔な仏教徒でもない私には、両親がやっていたことをただ引き継いでい
るだけなのですが、最近、世代が若返った家では「ウチでは必要ないです
から」と断るケースも増えているとか。

確かに、お布施や寺の維持費用などそれなりの出費に加え、特に来年は
親鸞上人の750回大遠忌を控え特別なご芳志を、などという項目もあり
ますから、「費用対効果」などを考える人が多くなった現代では昔のように
はいかないでしょう。

我が家へ来られたご住職も、あと10年でまず檀家の少ない寺院から経営
は危機的な状況になると。跡継ぎの問題も含めて日本の仏教が危機を迎える
ということにもなりかねないらしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「無縁社会」がにわかにクローズアップされていますが、日本は戸籍制度
とどこかの寺に同行衆として帰属してきましたから、身元がわからないと
いうようなことは少なかったのではないかと思いますし、寺には過去帳が
あって何代も前から自身のルーツを知ることもできます。

高度成長期、たくさんの人が都会へ出てそのまま居つき、中には住まいや
家族を失ったり、またわざわざ関係を断つとその人が誰なのかわからない
ということが起きても不思議ではありません。

「結(ゆい)」というような地域社会の共同体組織も崩れ、先祖代々信仰し
ていた宗教・寺との縁もなくなる・・それに代わるものを私達は手にできて
いるのかを考えると「無縁社会」の実感が迫ってきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年は7人の家族全員でお坊さんの後ろでお経を聞くことが出きましたが、
小6と小2の孫などには「これは何?」と思っている事でしょう。
私もその年頃は、毎朝仏壇の前でお経をあげる両親の後ろでわけもわからず
座っていた時期がありましたが、何かが残っているような気もします。

子供にとっては一年に一度の行事ですが、まずはそれでいいんではないかと
思っています。


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2010年10月21日(木)更新

【学生・社会人との毎週一問百答】~「学びの意味」について

〈ご質問〉----------------------------------------------------

 先日、塾の生徒である中高生に「なぜ学ぶのか」と質問され、
 私は「一人の人間として成長するため」と答えました。
 経営者のみなさまだったら、この質問にどのようにお答えになりますか?

       (明治大学商学部 北川隆浩さん)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「なぜ学ぶのか」に対する答えはいろいろあって書き切れないような気も
します。
私のブログの右欄“個人プロフイール”に「知るは喜び、調べるは楽しみ、
分かるは感動、学ぶは一生」と記してあります。(どなたが言った言葉か
知りません。昔、ああいいな、と思ってメモしておいたものです)。

知る、調べる、分かる、などは「知識」が増えたことになり、それも学んだ
成果ではありますが、本当の“学ぶ”は、それをさらに「知恵」(智慧)に
していくことが大事なのでは、と思います。

学者とか研究者とは違い、経営者は人、社会、自国、世界、他企業などの
動きに無関心ではいられませんし、その中で企業活動を続けていくためには
「知恵」が求められます。従業員以上に「脳に汗をかく」と言い換えても
いいかもしれません。

本を読む、ネットを使う、セミナーに出る、そして人に会うなどはすべて
自社の経営を考える機会となり、いい知恵が得られたら、といつも思って
います。

そこで「なぜ学ぶのか」という問いに対する私の答えは、北川さんと同じ
ですが、もう一つ「一人の経営者として成長するため」ということになる
でしょうか。


株式会社横山工藝 横山国男

染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2010年10月19日(火)更新

「赤飯の日」という記念日

今朝、ポストから新聞をとると、講読していない「日本農業新聞」という
新聞が入っていました。誤配だと思いますが、初めて見る新聞なので興味
深く読ませてもらいました。

17面に、今年から11月23日を「赤飯の日」と日本記念日協会が認定
した、とあります。祭日である「勤労感謝の日」と関係があるのかも知れ
ませんが、そのことについては触れていません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年6月まで一年間ロータリークラブの会長を勤めましたが、毎週の例会
冒頭で5分ほどのスピーチをする際、マクラの話題に「今日は何の日?」と
いうネットの情報をよく利用しました。

日本記念日協会というのがあるのも初めて知りましたが、日本にはホント
にたくさんの記念日があり、国家・国民的なものは祭日として制定される
というわけでしょう。その祭日なども米国などと比べると多いようにも聞
きました。

因みに、昨日18日は「統計の日」「冷凍食品の日」で、エジソンの命日、
東条内閣成立(1941)、郷ひろみの誕生日など。
今日19日は、アメリカ独立戦争終結(1781)、日ソ国交回復(1956)。
明日20日は、「皇后誕生日」「孫の日」「頭髪の日」「新聞広告の日」
という記念日だそうです。

消費不況の折ですから、関係する業界ではそれぞれの記念日にちなんだ催し
などに知恵をしぼるというわけですね。

そういえば「サラダ記念日」というのもありました。歌人の俵万智さんの
第一歌集として有名です。
俵さんが通っていた福井市の藤島高校の近くの駅、「田原町」からつけた
ペンネームではないか、とよく言われたようですが、レッキとした本名で
あります。


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2010年10月13日(水)更新

原点

昭和40年代の中ごろ、私は勤務していた商社を退職し、その2年程前
に同じ会社を退職して信州で染工場の経営を始めていた、横浜支店時代の
先輩のもとへ入社しました。ものづくりの夢断ち難いものがあったからです。

工房は絹や麻素材の広幅生地に、手描き染と私が担当したプリントの部門
があり、従業員のほとんどが武蔵野美大の通信教育をうけている学生が
中心でした。スクーリングがある夏季は一カ月ほど休業する、というのん
びりしたもの。 今から思えばいい時代だったとも言えます。

その頃の中・高年女性の服は、町の洋装店で作るもので、特にデパートの
ない地方では繁華街に多くの洋装店があり、生地を選び、服飾雑誌などを
参考にしながら縫製していた時代です。

東京や繊維の町大阪には、生地問屋・商社があり、私達の作った素人くさい
オリジナル・逸品モノでも、京都室町の有力な問屋さんに支持されて、忙し
い活気と希望に満ちた数年間を送ることができました。

数シーズン、雑誌「ミセス」の初夏の巻頭カラーグラビア、プリントの洋服
の生地として掲載されたものもあり、モデルは、ミセス専属だった若きころ
の稲葉賀恵(ヨシエイナバ)さんが多かったことも思い出です。

あれから40年もの歳月が流れましたが、その間、既製服(プレタポルテ)
が、素材、色、柄、サイズとも豊富になり、インポートものも含め、デパ
ートやブチックの全盛時代を迎えます。
今ではオーダーで洋服を作る(オートクチュール)という女性はほとんど
いないのでしょう、その手の洋装店はほとんど姿を消しています。

そして現在は、カジュアル化とファストファッションが主流ですが、あの
頃の服に比べれば随分チープになったな、とも思いますし、それと同時に
世界が称賛した日本人のマナーやエチケットも失われていったような気が
します。 服、服装というのは大事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分でデザインし、型をつくり、プリント作業までしていたころの作品と
いうか小布が出てきてなつかしい。
(もうその頃のものはほとんどサンプルすら残っていません)

広幅プリント服地の端切れ。 素材はインドシルク
写真<広幅プリント服地の端切れ。 素材はインドシルク>

私の原点のような気がして力づけられます。


株式会社横山工藝 横山国男

染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / なおくま日記

2010年10月07日(木)更新

夏から秋へ・・玄関前の花壇

花

秋の日差しを浴びる黄色い花は、心を軽くしてくれるような気がします。
花壇の左手の花は、10年ほど前、鉢植えのものを後で移植したらずいぶん
増えてしかも大きくなりました。菊科の花のようですが、名前は知りません。

よく似ていますが、右手は初夏から猛暑を耐え抜いたメランポジューム。
毎夕の水やりが大変ですが、長く楽しませてくれる丈夫な花。
塀の向こう側、道路沿いにも咲かせています。

鉢植えのものは、今年全部暑さにやられて最近植えたもの。

会社玄関前の小さなスペースですが、今日もS川急便の女性ドライバーが
「きれいですねえ~」と言いいながら、トラックに走りこんでいきました。


株式会社横山工藝 横山国男

染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / なおくま日記
«前へ 次へ»

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2024年6月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....