大きくする 標準 小さくする
前ページ

2008年11月12日(水)更新

「デジタル一眼レフ講座」を受講する。(その1)

とうとう「写真」を習うことに。
とうとう、というのは、若い時から「写真」を趣味の一つにしてみたい、と考えていた
のですが、「これは嵌る(はまる)のでは」という予感があり、今すぐでない方がよい、
という自制に似た気持ちがあったからです。

自身の性格を考えると、腕も上がらないうちに、次々と最新のカメラや機材が欲し
くなり、あちこちへ仲間などと撮影に出かけたり、カメラ・写真談議にふける・・・よう
になるのではないか、と意識的に周辺に近寄らないようにしてきたようなところが
あります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中学生時代、同級のK君は親父さんのお下がりの、当時としては超高級品ドイツ
製の二眼レフ「ローライフレックス」で、公募写真展などで度々入賞していました。
我が家にはそんな余裕はありません。それでも母は結構無理したのでしょう、
「小西六=コニカの前身」の小さな蛇腹式の一応「写真機」を買ってくれました。
引き伸ばしをしなければ、切手よりすこし大きめのプリントでした。

給料をもらうようになって、最初に買ったカメラはニコンの中級人気機種だった
一眼レフ「ニコマート」、次が「ミノルタのα303si」、どちらも今でも持っていますが、
途中からコンパクトカメラ(バカチョンカメラ=嫌な通称です)となり、それは現在
のコンパクトデジカメまで続いてきました。

その代り、土門拳、入江泰吉、山岳写真家の白籏史郎などの写真集などを買った
り、写真展などもときどき覗いたりして慰めていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログを書くようになって、写真が必要になりました。
若い経営者の方や、パソコンに慣れておられる方にはどうってことではないので
しょうが、UPする手続きは私にとってかなり面倒なものです。

それでも、だらだらと文章を書くより、一枚の写真で十分な説明になるケースは
多いものです。

さらにできれば写真そのものも「ほう」と思ってもらえるようなものであれば・・・
などと欲の深いことを考えてしまいます。
コンパクトカメラでとったあのどこまでも焦点が合ってしまう気持ち悪さ、「撮りたい
 もの」は何か、逆にいえば「いかに撮らないか」を学びたいと思ってきました。

そんなこともあり、地元新聞社さんが開校している「文化センター」の講座に、
「デジタル一眼レフ講座」(基礎編)があることを見つけました。
講師は旧知でゴルフ仲間のTさん。カメラ店経営というよりもデジタル処理が中心
のラボですが、10年前デジタル時代を予想して毎月東京に勉強に出かけたという
勉強家でもあります。

当時200万画素で驚いたのが、今は2000万画素という、Tさんも想像しなかった
進化だそうですが、フイルムカメラ時代が長かったTさんの講義は「写真」の歴史、
デジタル写真の課題にまで触れ、ワクワクする楽しい第1回の講座が昨夜始まり
ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PHOTO GRAPHEをそのまま訳すれば「光画」。これを日本では「写真」と訳し
たために、日本人はその後この名称に“縛られる”ことになったそうです。

「真実を写し取る」のが写真・・・報道写真はともかく、写真もまた「光」を扱う芸術
の一つ、というアプローチにはならなかったうらみがある。したがって国際的に
評価される日本人の写真家は少なく、アラーキー(荒木経惟氏)くらいだそうで、
それでも作品の価格は400万円くらいの評価とか。

もう少しこの「講座」のことを書いてみたい、と思います。

横山国男

【染型工房 横山工藝】
http://www.ykougei.jp/
【オーダー よさこい屋】
http://www.yosakoiya.jp/

2008年10月29日(水)更新

パレットを洗う。

今年の春から、念願かなって水彩画の教室に月2回通っています。生徒さんは
熟年ばかり12,3名ほどで、女性が少し多いかなという感じです。

先生は金沢美大卒のOさん。 50歳を超えられたくらいでしょうか。
水彩の命である「水」を生き物のように自在に操って、時々私の絵に2~3
筆手を入れてくださるだけで、「ウーム、ナルホド」と感心してしまいます。

何事もプロというのはすごいもんだな、とあらためて思う瞬間です。尊敬とともに
「少しでも近づきたい」、とその手元を食い入るように見つめることになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここのところ足のケガで休日も家にいるので、今まで描いた10枚ほどの絵を
見直し、自分なりに手直しをしてみました。
よくなったものもあり、描き込みすぎて汚くなったり、悪くなったものもあります。
「過ぎたるは・・・・」ですね。

パレットも一度洗って、絵の具の配列を考えてみました。
同系の濃淡順に、混じり合うと汚くなるものは上段と下段に分けて、色見本も
作ってみました。

この色はあれとこれをこんな感じに混ぜて・・イメージがわきやすくなったように
思います。

パレットとカラーカード

秋も深くなって、数少ない好天でもゴルフにも行けず、こんなことをしているより
他ありませんが、それでも思いがけない発見もあって、カナイが買ってきたバラ
を見て、ちょっと描きたくなりました。


横山国男

【染型工房 横山工藝】
http://www.ykougei.jp/
【オーダー よさこい屋】
http://www.yosakoiya.jp/

2008年07月02日(水)更新

水を考え、絵を考える。

瑞々しい=みずみずしい・・・・大好きな言葉。夏の雨、濡れた街路樹、虹、夏の
果物などなど。

石油の次の戦略物資は「水」ともいわれますが、日本は世界でも稀な水道水を直
に飲める国(他は米国のみとか)。年間の降雨量が豊富で、山岳部に降った水は
伏流水となって、中には100年もかかって除染され、ミネラルをたっぷり含み私達
の体に到達します。古来より「水神様」を祀ってきたのも頷けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

深山幽谷のみならず、里山の谷あいにも発生する霧、もやなど日本は水蒸気の
満ちる国でもあります。この水蒸気がおぼろげとか、かすみゆくとかの風景、遠景
を演出するのは、湿度の低いヨーロッパの平野部などと決定的に違うところ。
黒、闇をバックに描きあげてゆくレンブラントなどの泰西名画と絹本や和紙の白を
ベースに、遠景はうすれぼかされる大観などの日本画を比べればわかりやすい、
とも聞きました。(ヴィラデスト農園主の玉村豊男さんから)

乾燥地ではどこまでも堅固でクリアーに見える、水の国日本では水蒸気で遠くは
霞んでしまう、絵画の世界でも「水」は大きく関係しているのですね。
ともあれ、日本は水を大事にし、経済効率で木材を大量に輸入して彼の地の砂漠
化を助長することを止め、世界第2位の緑被率(国土に占める森林の割合が日本
は67%で1位はフインランドの69%、中国は14%と聞いたことがあります)有効な
活用を再度考えれば、未来は明るいと思います。

スイスは水力発電だけで余剰電力を隣国に売っているようですし、ドイツでは最近
半世紀も前の水車発電装置を再び動かし始めたところが数千箇所もあるといいま
す。水こそはクリーンなエネルギーの源泉でもあります。
           地球にとっても人間にとっても。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで水と言えばここのところズッと気になっている水彩画が2点。

マダガスカルの風景(1) マダガスカルの風景(2) 

「SEVEN SEAS」というラグジュアリー誌の中綴じの表紙になっていて、画家は
牧野伊三夫さんという人。雑誌「暮らしの手帖」、サントリーの機関紙「WHISKY
VOICE」などの表紙や挿絵でも高名な方のようです。(Wikipediaから)

パッと見たときから魅せられて、こんな水彩が描けたらと、たびたび取り出して眺
めています。真っ白な紙にシンプルに楽しそうに線と色が交じり合って、白くて強い
日差しの中、マダガスカルの街と人の風景が素敵です。

O先生(私の水彩画の先生)にお見せすると、「うーん、すごいね。なかなかこうは
描けないなあ。ヘタウマに見えるかもしれないけど全然違うんだよね」とか。
・・・・線が生きていて確信に満ちている、遊びはあるが無駄が無いんだそうです。
道の遠さを思い知らされますが、こちらはアマチュアなので、そこは気楽に水と絵
の具がつくる世界も出たとこ勝負、思いがけない喜びと失敗の一喜一憂が楽しい
のです。

若い時代、生活をするということの重みを軽くジャンプして、好きな道をまっしぐら
に進んだ人をこの歳になってうらやましく思いますが、サラリーマンから見れば私も
そう見えるかも知れません。

横山国男

【染型工房 横山工藝】
http://www.ykougei.jp/
【オーダー よさこい屋】
http://www.yosakoiya.jp/

2008年06月02日(月)更新

アイビーゼラニューム

 アイビーゼラニューム  
   
写真の花は「アイビーゼラニューム」。 わが社の玄関先にあります。

この春まだ寒さが残る頃、よく行く花屋さんの温室の片隅に八角形をした大き目
の植木鉢があり(高さ40cくらい)、古色に見える素焼きの表面が気に入って
「これいくら?」と女主人に尋ねました。植わっているショボイ細かい葉っぱは
力なく、枯れかかっていましたので全く興味はありませんでした。

考えていたより安かったのですが、それならもう一声と強欲心が頭をもたげ、心とは
裏腹に「高いなァ、もうちょっとまけて」と言ってしまうのですから、品格とかいうもの
がありません。(結局まけてもらえませんでしたが)

「この葉っぱは何?」と聞きますと「ああ、アイビーですよ、5月ごろ一杯花が咲いて
きれいですよ」とのこと。
帰ってから、枯れた小さな葉っぱを取り除き、肥料の入った土を少し混ぜ込んで
いると、泥だらけの小さな「カード」が出てきました。

説明によると、「生育が非常に旺盛で、次々と花が上がる」「分枝がよく、株を覆う
ように花が咲く」「大柄な花立ちで、下葉の枯れ込みも少なく、豪華な草姿になる、
贈答などに最適」とあります。「ほう」と思いましたが、鉢が気に入って買ったので
そのうち何かに植え替えてやろうと考えていました。

連休のあと、たった一輪だけ先駆けのように花が咲き、可憐な色と形で「おや?」
と思わせましたが、20日もすぎたある朝、一斉にといってよいほど満開になりま
した。

来社される人の中には、「表の花、きれいですね。名前はなんというんですか?」
とお聞きになります。「アイビーゼラニュームです。ヨーロッパの方で交配育種され
た栄養系ゼラニュームの一種のようです」などと、説明カードに書いてあったことを
得意そうにお話しますが、実はこんなにきれいに咲くとは思っていなかったんです。

鉢にしか興味がなかったなんて、今は花に申し訳ない気がしているこのごろです。


横山国男

【染型工房 横山工藝】
http://www.ykougei.jp/
【オーダー よさこい屋】
http://www.yosakoiya.jp/

2008年02月18日(月)更新

彫刻入門顛末記

昨年4月から6月までの毎週土曜日の午後、近くの県立美術館で彫刻の基礎講座
を受講したのですが、その成果作品の展覧会が、先週一週間同美術館で展示さ
れました。(他の洋画、日本画部門は高齢者を中心に受講者が多く、同様、基礎・
専門講座に分かれて指導を受けます。展覧会の入場者は1300名を超えたとの
ことでした)

若い女性像

簡単なスタイル画を描いたりする場合でも、人体の構造をしっかり理解していないと
違和感があるような気がして、一度彫刻の基礎を習いたいものと以前から考えてい
ました。

頭部は球体、首は円筒、胸部は台形などの矩体の変化形など、対象物をいくつか
の立方体として掴みながら再構成し、最初は粘土で造形していくのはなかなか
楽しい作業でしたが、最後の石膏像に近づくにつれ、心配していたとおり、
だんだんと「面白みのない」作品になったような気がします。

特に終盤、「石膏取り」「粘土出し」と進み、冷えた石膏をドライバーや鑿(のみ)で
「割り出す」作業は、初めての経験なので、鑿をつい強く押し、額に穴をあけてしま
う(修正は可能なのですが)失敗なども結構あり、落胆してしまいます。

クロッキーなどのように、素早く人物や動物をスケッチする場合でも、構造や機能を
理解していると、ポイントを押さえた「絵」になると思うからですが、まだまだ勉強が
必要のようです。専門講座までやってみるかな。

ご指導いただいたF先生ありがとうございました。

私の彫刻初体験の胸像は、恥ずかしいので誰にも案内しませんでした。家族だけ
が覗いたようです。

横山国男

【染型工房 横山工藝】
http://www.ykougei.jp/
【オーダー よさこい屋】
http://www.yosakoiya.jp/

2008年02月02日(土)更新

「石倉三郎の料理事始め」を買う。

「週刊ポスト」の巻末連載で好評の、石倉三郎の料理ページが、本になりました。
(石倉三郎の料理事始めー小学館・本体1143円)
よく売れているようで、料理に目覚めたオトーサンも、結構買っているのでは、と
思われます。(なかなか実践せず、豪華な料理本ばかり増えている人も?)

かくいう私もその口なのですが、早速作ってみたのは、「カレー焼きめし」(P50)。
味の決め手となるベーコンをいいものを買ってしまったのは失敗。
カリカリにならず、これは薄い廉価のものの方がよかったのですが、高いやつが
美味しいだろう、とストレートに考えるのが「男の料理人気取り」の浅知恵。

まあ、それでも家内は「なかなかおいしいわよ」と言って、元気づけてくれましたが、
下の孫は、一口食べて「カライ!」と言って姿を消しました。小3の上の子は
「ジージ、ごちそうさま、おいしかったよ」と。
「ヨシヨシ、次はお前の好きなカレー作ってやるぞ」と答えましたが、我が家では、
彼は「世渡り上手」という評価がもっぱらなのを後で気づきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もともと独身の時は、料理らしきこともやっていましたし、第一こういう作業は好きな
方。 要するに「おもしろい」のです。
芸能人が料理をして、タレントに食べさせ、得点を競うTV番組がありますが、なか
には玄人はだしの人もいれば、「オイオイ、そんなに塩をぶちこんだら食べられな
いよ、とか、それ生じゃ具合悪いだろうが、下拵えしておかないと」という頓珍漢も
いてなかなか面白いのですが。

要は仕事にも通じるのですが、「完成形」をイメージできるか、という一点にかかって
いる、のではと思います。もちろん形だけのことでなく、「味」が肝心。
だいたい味覚というのは、3歳までに何を食べたかで決まる、という説もあるようで
すが、それなら男どもが愛してやまない「おふくろの味」も納得できます。
女性は適応力が高いので、美味しいものであれば国籍、食材を問わないのでは。
私の年代の男性で、「生野菜サラダ」がなくては、という人はあまりいません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「パスタ料理」はよく作り、おおむね好評なので「極めてやろう」と密かに考えていま
すが、家内とちょくちょく行く、昼時の「イタ飯屋」には男性が少なく、老若(女)女
ばかり。 私と同年代の男などほとんどお目にかかりません。
なんとなく場違いな感じがする時もあり、ついスミッコの席に座ってしまいます。

折からの「中国からの輸入食品」の問題、外飯を少なくするには「偽装シェフ」の方
がまだましというもの。
昨夜読んだブログに「鮭とイクラのパスタ」という、外国に住む人のうまいもの記事
がありました。「ペペロンチーノ」ベースに、鮭とイクラをトッピングして「親子パスタ」
はどうだ、と思いつきました。
イクラが塩漬けなら、パスタの茹で汁に入れる「岩塩」は少なめに、くらいのことは
チャンと考えております。

横山国男

2007年05月29日(火)更新

彫刻入門

このところ新年度の県立美術館の社会人講座「彫刻ー基礎講座」に毎週
土曜日通っております。
若い人もいますが、中高年の方が多く、男女は半々、私が一番高齢のよう
です。「洋画」「日本画」どの講座もそんな感じで、「学び」好き日本人、特に
元気な初老の人たちが多いことを実感します。

4月から6月まで10回、延べ40時間ほどですが、もうすでに旅行で2回ほど
休んでしまいましたので、私より先生(芸大出の学校にお勤めの女性の講師)
のほうが私が挫折するのではと心配そうで、なにかと助言をしてくださいます。

      ・・・・・・・・・・・・・・・

春になるとなにかやってみたくなるものです。水彩画が好きで、昨年は敬愛
する玉村豊男さんの一日教室に入れたので、軽井沢くんだりまで5時間も
車を運転して今や超人気スポット「ヴィラデスト」農園のアトリエで、玉村さん
の手元もじっくり見せていただけたのは感激でした。

その時の私の「植物細密画」(ボタニカルアート)は憧れの「玉さん」に会えた
ことで満足したせいでしょうか、どうにも冴えない出来で終わりました。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「彫刻基礎講座」はモデルさんを中央に3~4回までは鉛筆かコンテでデッサ
ン、人物の頭部や首、それを支える肩それぞれが球体や円筒、躯体などで
構成されているという「立体」をつかむ勉強。
小さくても鼻や口、眼窩、髪の毛などもおろそかにはできません。
最初はどうしても「似顔絵」のような平面になってしまい、苦労します。

うまく描けなくてもとりあえず次へ進まなくては。

1 デッサン


講座は午後からですが、先週末は遅れているので、朝の10時ごろから誰も
いない教室で前の週作っておいた細木を棕櫚縄で巻いた支柱となる「芯棒」
に粘土付けを見よう見まねでやりました。

子供の頃の「泥遊び」を思い出す粘土の感触はなかなかいいものですが、
その内このままいくと「若い女性の頭像」はずいぶんデカいものになるぞ、と
不安が。

大きくて”稚拙”な「女性像」はイタダケマセン。せめて大きさぐらいは抵抗の
ないものにしないと、と考えているところへ先生が見えました。

「そうですね、やはり芯木を切った方がいいでしょう」ということで粘土を一度
全部とることに。「こりやますます他の人より遅れるな」とあせります。

「横山さん、石や木彫は削り取ったらおしまいですが、粘土はどんどんつけ
て、どんどん削ってみて。しっかり面でとらえてみて。ちょっといいですか」と
木片で作ったヘラのようなものでグイグイと削ったり、盛り上げたりすると
途端に「うーん、さすが」と思わせるプロの所業。


で、先週の終りの時点がこれです。

彫刻1 彫刻2


自分で言うのもなんですが、初めてにしてはなかなかイイ線いってるんじゃ
ないかと。
ロダンやザッキン、平櫛田中とはいかぬまでも、もし彫刻家を志していたら
・・・などとアホな夢想が許されるのが「素人ゲージツ家気取り」に許される
特権なのです。

悪い予感がします。この像を撫でまわしているうち、最後はなんともつまらぬ
見る人になんの感興もおこさせない「白い塊」に仕上がるのではないか、と。



最終の2回は「石膏取り」をして美術館での作品展もあるようなので、今から
”気合の入った”友人・知人への案内状のデザインまで考えている今日この
頃です。


横山国男
【オーダーよさこい屋】
http://www.yosakoiya.jp/
【染型工房 横山工藝】
http://www.ykougei.jp/

2007年01月30日(火)更新

旦那と職人

日本人はそれほどお金持ちでなくても、日常的に「質の高いもの、
丁寧につくられたもの」を身の回りに置く、あるいは身につける
という国民性がつい最近まであったように思います。
「日本人のブランドもの好き」とも関係があるかも知れません。


かっては「目利きの問屋の旦那」が「誇り高いちょっと偏屈な職人」を
気長に見守り、いい仕事をさせるといったシステムも機能していたはず。
とは言うものの、旦那はこれはあのお客さんに、という「買い手」も
チャンと頭に入っていて、したたかな商人(あきんど)ぶりですが、
それでも時には在庫になってしまうものもそれなりにあったでしょう。

昭和43年ごろ、私は絹や麻などの高級な素材を使った婦人服地の手織物、
ジャカード、プリントものなどを扱う小さな問屋を、一緒に商社をやめた
先輩とやっていましたが、あるとき富士吉田市の名門機屋(はたや)であり
問屋さんでもある会社を訪れる機会がありました。


事務所を兼ねた邸宅のバックヤードには、蔵や倉庫がいくつもあり、膨大な
在庫ですが、素晴らしい織物ばかりでした。
中にはデッドストックと思しきものもかなりありましたが、
「旦那(社長)」は鷹揚なものであり、今考えるとこれこそ日本の「問屋」
の「力」、「モノつくり」そのものだったと思います。

今は名の通った「アパレル」でも、「価格」と「納期」だけ指定して、
ほとんどが企画から商社に○投げ、商社もさらに下請けの零細な事務所に
投げて、そこのスタッフが必死で中国と日本の間を飛び回るという構図が
一般的になっているようです。

毎年、「ファッション・服装」を学んで卒業してくる若い人(数万人)も、
今の日本では就職先も少なく、活かされないまま他の仕事に就いていきます。

富士吉田の「問屋」さんは廃業したと聞きましたが、あの鮮やかな服地の
数々は今でも強く印象に残っていて、その後の私のモノつくりやモノを見る
目に少なからず影響を与えたと思っています。


横山国男
http://www.yosakoiya.jp/
http://www.echi-zen-art.co.jp/

2007年01月22日(月)更新

子どもたちと邦楽

この週の日曜日に「福井県立音楽堂」小ホールでの催し
「新春を彩る長唄の世界」を聴きに参りました。

唄、三味線、それに前列下段の笛、太鼓の囃子方が黒紋付で
緋毛氈の上に並んだ華やかなステージは、見た目にも「雛人形」
を思い起こさせる「日本の美」でもあります。

勿論演奏と唄がはじまると、能の地謡が始まった時のような
独特の軽い震えが沸き起こって、モーツアルトもいいですが、
これこそ日本人なればこその感興ではないでしょうか。

杵屋一門のご出演で、特に人間国宝杵屋喜三郎さんのどっしり
したそれでいて85歳とはとても思えない艶のあるのびやかな
お声はあまり長唄を聴く機会のない私にもとても感動的でした。


前半が終わったところで「長唄ワークショップ」と称して
高校生一人、中学生3人(男子はひとり)がステージに上がり、
八代目杵屋弥吉さんの軽妙な司会と指導・解説で「三味線」の
ワークショップがありました。

子どもたちもこの3ヶ月ほど練習したそうですが、三味線の音の
作り方などがとてもよくわかり、子どもたちの演奏も形になって
いて、会場からも「ほおー、すごい」などの声もあがり、大拍手
です。

会場の合唱とともに「さくら」を演奏した後、最後に杵屋弥吉さん
が子どもたちに「ぜひ三味線をつづけてください。バイオリンや
ピアノを習う子どもたちは世界中に沢山いますが、三味線は日本
独特のもの、将来海外へ留学などする機会があれば演奏してあげると
とても喜ばれるんですよ」と話していました。


今年のロータリークラブの新年会は私が担当だったので、従来の
料亭での酒宴はやめて、例会場に小さなステージを設えてもらい、
金屏風を背に「小唄」(花菱流)と「琴」(生田流)のめでたい
曲を聴いていただきました。(会員の夫人や娘さんに友情出演して
頂いたので経費の節減にも役立ったのですが、それより演奏の場を
提供したことをとても喜んでくださったのが意外でした)

会員からは「正月らしくとてもよかった」と結構企画にお褒めを
いただきましたが、子どもたちだけでなく大人も邦楽を楽しむ機会
が少なくなっています。
東宝映画の「社長シリーズ」でもおなじみですが、昔は会社で少し
偉くなると「3ゴ」といって、囲碁・小唄・ゴルフを嗜むべし、と
されていたようですね。

学校でも近年「邦楽」が復活しているようですが、指導者がおられ
るのかよく知りません。
私の中学生時代は「茶道」「華道」「筝曲」などの部がありましたが
今はどうなんでしょうか。

ともあれ、元旦には京都で新春大蔵流狂言「福の神」で茂山千作さん
の「ワアッハッハ」の大音声を頭から浴び、昨日は杵屋喜三郎さんの
長唄と二人の人間国宝の至芸を堪能できたことは幸せでした。


横山国男
http://www.ysoakoiya.jp/
http://www.echi-zen-art.co.jp/


«前へ

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2021年6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....