大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2011年02月28日(月)更新

トスカーナ・・家族旅行の思い出

二人の娘も30代の半ばを過ぎたのに、親は何かのとき子供あつかいを
するフシがあるのは困ったもので反省しなければ。

家族で旅行した記憶はあまりありません。娘たちが小学生のころ、当時
凝っていた「オートキャンプ」で、夏休みに北海道をワゴン車にテントを
積んでほぼ一周したことがあります。一週間ほどの旅でした。

中学、高校生ともなると、私の仕事も忙しかったですが、何より娘たちが
部活や塾へ行く日が多くなり、吹奏楽部の次女などは夏休みでも毎日のよう
に練習のため登校していたような記憶があります。

+++

次女が大学を卒業する前年の秋、これからはこういう機会もないだろうと
考えて家族4人でイタリアへ行くことを提案しました。

仕事であるテキスタイルプリントに関連して、ミラノにほど近いコモには
私自身何度か行きましたが、もっと南の葡萄畑と古い中世の街が点在する
トスカーナ地方に一度は行ってみたいものと憧れていました。

フィレンツェで買った記憶があるカレンダーが1997年のものなので
旅行は96年の秋でした。
トスカーナ地方の古い街並みや美しいブドウ畑の写真ばかりなので、今日
まで旅の思い出に残してあります。  それにしても時の経つのは早い。

   
 <表紙は有名なチェルタルド>

+++

トスカーナの中心、シェナにほど近いところで大きな農家を買い取り、
アトリエも設けて制作していた知人のフランス人画家が、発つ前に連絡
すると「ぜひいらっしゃい」と言ってくれたので、私たちは新婚さんばかり
のツアーをはずれて一日寄り道することにしました。

画家はフィレンツェのピッティ広場で私たちを拾うと、4駆のSUVを疾走
させながら「もう10日ほど早く来れば葡萄の取り入れの仕事が一杯あった
のに」と英語で言った(ようだ・・笑)。

+++

途中、バスの窓から遠くに見えていたいくつかの古い石造りの街、そのうち
の一つSan Gimignano(サン ジミニアーノ)に入って車を止め、かって
役場だったというホールで開かれていた画家の個展を見せてもらいました。


  <サン ジミニアーノ>

日本の墨絵に惹かれてその技法を独自のものにした彼の「裸婦」のデッサン
や油彩などは本当に生き生きしてどれもチャーミングで、ヨーロッパでの
人気ぶりがわかりました。



夕暮れのオレンジ色の街灯に照らされた中世の街が素敵でした。
細い路地の左右にはいろいろなお店があり、ぶらさがっている手打ちの
銅鍋や調理器具にカナイは目を輝かせていましたし、娘たちも小さなお土産
をさがして歩いていました。

+++

画家が家の中やアトリエを案内してくれたあと、地下の土を掘った横穴から
埃まみれのワインを持ってきてテーブルに置きました。
「日本では世話になった」ということでしょうか、年代もののキャンティ
ワインで日本では相当値の張るものだったに違いありません。

これも近くの川で獲ったというマスの料理をいただいたあと、同居している
陶芸家が私たちをツアーの一行が待つフィレンツェのホテルに送ってくれま
した。その頃はツアーには「フリータイム」というような設定が少なく、
前もって旅行社には了解をとっていましたが、添乗員(女性)が帰ってきた
私たちを見てホッとした顔をしたのを覚えています。

+++

この旅のことを思いだすと、当時卒業後の就職のことで私と次女には考え
の相違があり、旅行中も少し話をしましたが私は気が晴れませんでした。
しかし、後年次女の机の上に画家のアトリエの暖炉の前で撮った一枚の
写真が飾られてあるのを見て、なぜかホッとしたような気分になりました。
娘たちにとってもいい時期のいい旅だった、と(勝手に)思いたい。

株式会社横山工藝 横山国男

染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ

2011年02月21日(月)更新

『フィレンツェ田舎生活便り2』というブログから

NHKが先日放映したシリーズ番組「無縁社会」、今回のものは結構批判的
な反応が出演した人も含めてネットで話題になっているようです。

私もこの国の将来に不安を持つ者のひとりではありますが、さりとて最初
から悲観的結論ありきの番組制作にはちょっとやりきれない思いもします。

戦前はサラリーマンという職種は3割、あとは農林漁業、自営業、職人など
でしたが、現代ではサラリーマンが7割とか聞いたことがあります。
企業に就職できないと将来設計が立たない・・と誰もが考える傾向が強く
なったのは最近のことではないでしょうか。

+++

愛読しているブログ『フィレンツェ田舎生活便り2』が同じNHKでこの正月
「トスカーナで山暮らし~パッポとマンマとユキちゃんと」と題して3回に
わたり放映されました。2月(BSで再放送)の最終回しか見れなかったの
ですが、ブロガーのマンマ(日本人)とイタリア人のご主人(パッポ)、
一人娘のユキちゃんの静かなしかし手ごたえのある暮らし“スローライフ”
が紹介されました。

マンマchihoさんは小柄な30代後半と思われる日本人で、ルネッサンスの
イタリア美術に詳しいのでキュレーターと思われますが、フィレンツェの
美術館案内や街歩きのガイドとして(おそらくこれが現金収入の主なもの)
その他の日はセッセと大好きな家庭菜園や畑仕事。

パッポことご主人のアントネッロは家づくり(元は古い小さな僧院?)と
自家製の材料で作る料理や家事全般が仕事。・・私の理想の生活です(笑)
最近はちょっと有名になってご近所で料理を教えたりすることもあるとか。

日々成長していくユキちゃんもTVではじめてみることができました。

 

標高600m、トスカーナの山村で自然と人がお互いに折り合って紡いで
いく日々・人生。
外国人も含めた「有縁社会」がここにはあるような気がします。

+++

翻って我が国の放棄された耕作地や山林、「仕事」なんていくらでも
あるし、第一自分で作るものではないでしょうか。
我々は、国、行政、企業、家族に依存しすぎではないかと思います。

フィレンツェつながりで、次回は私と私の家族が最も思い出深い旅をした
「秋のトスカーナ」について書こうと思います。

横山工藝 横山国男

染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ

2011年02月18日(金)更新

「2011 兎ピョン・跳挑!たのしい会!!」~吉川壽一新年会

昨夜は市内のホテルで恒例の「書家吉川壽一を支援する昌昌会・百福会の
新年会」が開かれ、200名近くが集まりました。

 

ご本人から昨年の活動の報告やエピソードの披露に続いて今年は信州善光寺
大本願別院得浄明院(京都)の総門看板の100年ぶりの書き変え、続いて
上海展、秋にはF1のシンガポールグランプリでのパフォーマンス、そして
最も大きな展覧会として台湾・台北展が11月11日からの予定だそうです。
(暦年もそうですが、こんなに11が続くのは壽一(ジュイチ)のラッキー
ナンバーだから)

そのいずれもがアジアの超のつく富豪がスポンサーとなっているようで、
経済の発展が文化面にも現れてきているように思います。
F1シンガポールを主催する華僑のC.Sさんはフェラーリの販売もやっていて
FERRARIの書を所望、ブランドロゴがあるからと書家は困ったそうですが
どうやら社長室に架けて楽しむだけらしいのでそれではと書いた、との事。



+++

この会も長く続いていますが、今年初めて吉川クンと共に小・中学の同級
生だった津田洋道クンが顔を見せました。

津田クンは地元北陸高校で40年余りバスケットの指導にあたり、インター
ハイなどの優勝も含め高校バスケットの強豪校名監督として全国に名を轟か
せ、優秀なバスケ選手を数多く送り出しました。

最近監督職を後輩に託し、自身は総合コーチとしてその後も指導者・選手を
引っ張ってきましたが、先日どうしても獲れなかったこれも40年の歴史を
もつ「全国高校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)」
(東京)で悲願の初優勝、勲章を増やしたのです。

若い頃は夫人の協力も得て自宅を合宿所にしたり、遠征バスの運転もやって
バスケットひとすじ・・「念ずれば花開く」を見せてくれた級友なのです。


左ー津田洋道クン 右ー初対面のSさん

そのほか私のテーブルには、ハンドボールでならした現在県体育協会競技
スポーツ委員長のSさんなどスポーツ関係の人が多く、必然的に7年後の
2巡目「福井国体」の地元選手強化の話になります。
皆さん前を向いていて「昔はよかった」の話にならないところがいいです。

もう有望な選手発掘・育成が各スポーツ団体で始まっていますので、私が
お手伝いしている「ジュニアゴルフ」もうかうかしてられないな、と思い
ました。

+++

恒例「お楽しみ抽選会」でカナイが引き当てた吉川壽一書『跳』。
亀もいいのですが、今年は私も少しだけでいいから跳びたいものです。



横山工藝 横山国男

2011年02月15日(火)更新

ヴァレンタイン・デーあれこれ

いつごろからヴァレンタイン・デーなるものが身近になったのか記憶が
ありませんが、そう古いことではありません。

日本でこの行事を定着させたのはメリーチョコレートカムパニーのかっての
社長さんで、15年ほど前に直接その成功の裏話をお聞きしたことがあり
ます。

1年の半分近い生産量がこの時期に集中するという難題をいかに解決
するか・・考案された独自の生産システムに大変感心した覚えがあります。
その後会社の投資に関することで引責辞任されたようなニュースに接しま
したが、オーナー経営者でも一寸先は闇なのかと思いました。

当社もそのころはラッピングリボンの全盛期でリボンのプリントのための
シルクスクリーン版作成に忙しかったのですが、包装の簡易化や海外への
生産移転でこの仕事も少なくなりました。
美しいパッケージや色々なリボンには夢がありました。

+++

先週末、デパートの特設チョコ売り場は多くの買い物客でにぎわっていま
したが、それでも一頃から比べると心なしか静かなようにも見えました。
カナイは一時人気があった「手作り」のコーナーもあまり人がいないと
言っていました。

今年はチョコフォンデューというのか溶かしたチョコレートが上から滝状
に流れ落ちる仕掛け(果物やクッキーなどにチョコをつけて食べる)の
家庭用の器具が目につきました。

私などは最後にチョコが無駄になるのでは、などと考えてしまいますが、
それよりモノが売れないというのも元気がでませんね。

+++

今年頂いたチョコレート。中には日頃見かけないお高そうなものもあって
恐縮してしまいます。娘からは「ショコラビール」(!?)。
ホワイトデーガンバリマス。

 

といっても白髪頭の私には過ぎた贈り物。そのタネあかしは、パン、ケーキ
づくり20年のカナイが毎年つくる手作りチョコやクッキー、そのお返しと
していただくものなので、文字通りダンナさんへの“義理チョコ”というこ
とになるのかも知れません。

2011年 ヴァレンタインデーに向けてカナイが作ったものがテーブル
に並んでいたのでパチリと一枚。お疲れさんでした。チョコはありがたく
いただかせてもらいます。



株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ

2011年02月09日(水)更新

雪と氷の世界から南の島へ

以前から計画していたグアム島へ週末から短い旅行をしてきました。
久しぶりの大雪で身も心も寒さに震えあがっていたのですが、一段落した
こともあり、ホテルのバルコニーからビーチやプールで泳ぐ人たちを見ると
頭も体もゆっくりと解凍するような気持がしてリフレッシュしました。

ビーチ

滞在中、幸い雨も降らず気温は30度以上、グアムは名古屋中部空港から
3時間半ですが、ここはもうフイリピンのすぐそばなんですね。温かいと
いうよりゴルフをしていると暑い。短パンに半そでのシャツスタイルも多
く見かけます。

コース

+++

グアムは米軍の重要な基地の島ですが、バブルのころから日本人の手近な
南国のリゾートとしてにぎわってきたように思います。
しかし数年ぶりに訪れてみると、メインストリートのブランドのネオンが
一字消えていたり、新しい大型のホテルも増えているようにも見えない。
ちょっとさびれてきた感じがします。

ただ、ここでも中国人と思われる観光客は非常に増えていて、ショッピング
バッグを一杯手にした人たちがにぎやかに通りやホテルに溢れています。
主役は入れ替わりました。

ゴルフ場はまだ日本人が多いようですが、それも近いうち中国や韓国の人
たちが主流になるでしょう。
きっとグアムも再び活気を取り戻し、新しい顔に変貌することは間違いない
と思われます。

+++

風邪で直前に旅行をキャンセルしたカナイに、小さな土産を買ったショップ
で販売員同志がまったくわからない言葉で話しているので「それは何語?」
と聞くと「タガログ語デス。私たちフイリピン人」という。
そうか最も近いフイリピンは出稼ぎの多い国・・・納得です。

夜、名古屋中部空港に到着。福井までのバスの中、我々10人ほどのオジ
サン・オバサンの御一行様はお疲れと見えて皆さん即刻お眠りに。
これが今時のパワーあふれる中国人だったら、家に帰るまで土産話でさぞ
にぎやかなことでしょう。

日本は年をとったなあと思うのです。


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ

2011年02月05日(土)更新

大雪と格闘したことも・・

31日朝自宅前の雪景色

1月の20日すぎから断続的に降った雪がそれでも5~60センチとなり、
職場の方は毎朝従業員で駐車場などはスコップとスノーダンプで除雪をして
いました。

30日(日)の天気予報で「今夜は平野部でもかなりの降雪」とのこと、翌
月曜の朝5時ごろ外へ出てみると一晩で40c以上の新雪、それまで深夜に
走り回ってくれた除雪のショベルカーもまだきていません。

自宅の近くに小学校があり、通学路確保優先ということでしょうか間もなく
頼もしいショベルカーの大きな音が聞こえてきました。

+++

雪下ろし

会社の方は月曜朝の除雪はきっと人力では無理と思いましたので、前日の
日曜に近所の土建屋さんに駐車場を一度きれいに除雪してもらいました。
これが正解。新雪は軽いのでなんとか従業員の駐車スペースを一斉に除雪
したあと、積雪が80cを超えているプレハブの倉庫が危険なので10人
ほどが上がって雪下ろしをしました。

久しぶり(56豪雪のあと1回ぐらいしか記憶がありません)の雪下ろし
ですが、私はもう屋根には上がらず(上がれず)下から指示するだけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「56豪雪(1981年)」の時はすごかった。従業員は出勤できず、
(というより自宅を守ることに各自が精いっぱいでした)社屋や工場を建て
たばかりだったので、私とカナイは連日スコップとスノーダンプだけで
「白魔」と格闘しました。

このプレハブ棟も一人で2回ほど下ろした記憶があります。
深夜、ホットウイスキーをがぶ飲みして「早く止んでくれ!」と夢中で
降ろすうち、降ろした雪の方が屋根より高くなり“雪上げ”になってしま
いました。

若くて体力がありました。それでも数日間疲労困憊し、どういうわけか舌が
もつれてうまくしゃべれなかったほどのダメージを受けました。
危うく雪に殺されかけたというわけですが、小企業の経営者にとっては
大きな借入で実現した、社屋・工場・設備などは命をかけて守るべきもの
だったし、今でもそういう気持ちが強いものです。

+++

それから30年あまり、温暖化の影響か降雪量も少なくなり、除雪の体制、
予報、ノウハウ、各種の重機も多く利用されるようになり「克雪」が実現
したかに見えますが、高齢化社会になり今後も心配です。

でも雪は放っておいてもそのうちあとかたもなく消えます。それどころか
白山連峰や近くの山、田畑の土に夏まで膨大なきれいな「水」を保水して
くれるのです。それでお米と酒がうまいというわけ。

その点、新燃岳の火山灰などはこれから雨が降ったら土石流や泥流が心配さ
れています。作物もダメになり人々の生活上の迷惑も雪とはまた別の意味で
比較にならないように思います。

この2~3日の好天で今日はもうかなり雪の高さは低くなりました。
新燃岳の被害が大きくならないことを祈るばかりです。

深夜の除雪車

株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ

2011年01月26日(水)更新

サッカー日韓戦~てっちゃんを想う。

昨夜のアジア杯サッカー準決勝は見ごたえがありました。
通算71度目の対戦(過去日本の11勝21分け38敗)だそうで、日本に
分が悪いのですが、この試合はものにしました。

すっかり伝統の一戦になりましたが、昨夜の対戦を前に韓国の監督が「日本
と韓国はお互いアジアのリーダー的存在としてともに切磋琢磨していかねば
ならない」というような意味のコメントをしていてとても好感を持ちました。

日韓両国の間には過去にいろいろ不幸な歴史がありましたが、若い世代の
の対日・対韓の感情には古い世代の人たちと違ったものが醸成されつつ
あるように思います。

その大きな変化の基になったのはスポーツや文化の交流、インターネットの
発達などで、条約とか外交等の政治の先を行っているように見えます。
「韓流」フアンのパワーもすごい。

***

子供の頃近所に住むてっちゃん(仮名)は一つ年上で在日朝鮮人でした。
ラムネん玉(ビー玉)、パッシン(めんこ)、模型飛行機づくりなどなど、
どれをとってもめちゃくちゃ強く(うまく)憧れてました。

てっちゃんの薄暗い部屋にはミカン箱に入った戦利品のビー玉やめんこが
一杯あり、勝ち方も教わったような記憶があります。
階下からドブロク(密造酒だった頃です)の臭いがしました。

友達の親の中には在日の子供たちと遊ぶのを嫌がる人もいたようですが、
私の母は全く意に介しませんでした。
釘を輪ゴムで束ねた危険な「手裏剣」をてっちゃんが作って二人で投げて
遊んでいたら、手元が狂って近所の警察官の家のガラスを割って飛び込ん
でしまったときも、一人で一目散に逃げ帰った私だけが母からこっぴどく
怒られました。「卑怯者!」「情けなか」ってわけでしょう。

てっちゃんは中学を出ると、印刷屋で修業し独立開業しましたが、肝炎を
患い50代で亡くなりました。もう15年ほど経つでしょうか。
私が会社を始めててっちゃんが亡くなるまでの15年余り、指図書や伝票
などの印刷を全部お願いしていました。

現在の北朝鮮では名門だったそうなので、その出自からか正義感が強く、
堂々としていたてっちゃん・・少年時代の師匠に少しは恩返しが出来たの
かな、と時々想い出します。



株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2011年01月19日(水)更新

「ウィーン・モーツアルト・オーケストラ」

メセナに力を入れておられる地元上場企業のK社長様から、今年も「ニュー
イヤーコンサート」のチケットをいただいた。
「ウィーン・モーツアルト・オーケストラ」公演【16日(日)県立音楽堂
大ホール】。折からの寒波と降雪にもかかわらず満席でした。

モーツアルトの名を冠し、オフシーズンは世界各地へ演奏旅行に出かける
オーケストラ・・・かつらをつけ、当時の扮装(このようにカラフルだった
のかどうか知りませんが)宮廷での演奏に似たスタイルも「楽しさ」に一役
かっているのでしょう。

亡くなって200年以上も経つのに、世界中の老若男女に親しまれ、魅了し
てやまないモーツアルト。今年はショパンの生誕200年だそうですが、
宇宙へ人が行く時代でも人の「琴線」というのはそんなに変わっていない
ということでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あるブログで読んだのですが、モーツアルトの音楽というのは、本来精神分
裂気味で狂気が内在しているのを、後年ののんきな受容者がロマン主義的
英雄化によって徹底的に変造した(『カラヤンがクラシックを殺した』
著者宮下誠)とか、かの小林秀雄は『モーツアルト』の中で、モーツアルト
の音楽に悲しき疾走を見た、とか述べていて「暗い」とか「狂気」を挙げて
いるようです。

確かに映画「アマデウス」をご覧になった方は同意される部分もあるでしょ
うが(私もその一人ですが)、日頃は「明るい」「軽快」「リラックス」等
しか感じられないので、そんなに深刻にモーツアルトを聴いたことはあり
ません。一部の交響曲を除いてポピュラーな「アイネ・クライネ・・」や
喜遊曲と訳される「ディベルティメント」にそんな「暗黒や狂気」の匂い
を感じたりはしません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンサートの演目は、歌劇「フィガロの結婚」から5曲、交響曲「ジュピタ
ー」の第一楽章、後半は歌劇「ドン・ジョバンニ」「魔笛」から6曲、
いずれも歌唱にイザベル・ブリングマン(ソプラノ)、ゲオルグ・レーナー
(バリトン)が加わって、特にソプラノは本場オペラ歌手の肉声をまじかに
聴く機会は地方では少ないので本当に感動しました。

司会の假屋崎省吾(華道家)さんが、終盤、交響曲第40番の第一楽章の
演奏中に、ステージ中央でシンビジュームを生けるというパフォーマンス
をされたのは音楽会では珍しい光景で楽しめました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寒さの中、除雪や私的な用事が重なってブログ更新もままならず、すっか
り疲労困憊気味のところ大好きなモーツアルトが聴けた(見られた?)のは
心身ともにリフレッシュしたような一日でした。
K社長様、ありがとうございました。

パンフレット表紙 プロフィール見開き
写真<パンフ表紙>       <プロフィール見開き>


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2011年01月09日(日)更新

『水を飲む人は井戸を掘った人の恩を忘れない』

1972年に日中の国交が正常化するとき、周恩来首相が「我が国では
水を飲むときには井戸を掘った人を忘れない」と謝意を伝えたとされて
います。この背景というか出所を初めて知りましたが、この言葉を何かで
読んでとても心に響き、今日までずっと記憶にありました。

日本では長く「水と安全はタダ」といわれてきて、私も日頃「水」に感謝
することを忘れがちなのですが、世界193カ国で水道水が飲めるのは
わずか11カ国とのこと。中でも日本の水の品質はずば抜けていて、しかも
全国で高いレベルで管理・供給されています。

石油などは代替燃料が次々と開発されていますが、水は他の何物にも置きか
えることの出来ない「生命のもと」です。
このように質量ともに水は一応充足されているように見える恵まれた我が国
ですが、翻って輸入される食糧、飼料、木材などは生成の過程で大量に原産
地の貴重な水を費消していることになるという事実を知りました。
いわば日本は一方で大量に水を輸入してきたことになるわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「21世紀、水が最も重要な資源になる」といわれています。東京都が
世界一の技術とシステムを誇る「東京水道」をアジア各国にビジネス展開
しようと動き出している、という記事を『致知 2月号」(致知出版社)
に猪瀬副知事が書いています。

新幹線などもそうですが、車両や軌道の高度な技術もさることながら、その
極限まで高められた「運行システム」こそが断然世界のトップなのです。
日本の「水道」は、漏水率だけとってもロンドンの10~20%,発展途上国
の40~60%にくらべわずか3%だそうで、電気などとともに高度な技術と
システムによる管理が営々と積み上げられてきたことがわかります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちは、井戸を掘った人たちの苦労を思い起こし、そしてそれを世界最高
のシステムにまで高めた日本人として誇りを持ち、今その技術やシステム
を「発展途上国の病の40%が浄水されていない水が原因」といわれている
世界の水に苦しむ人たちへ提供することが、考えようによっては金で水を
奪ってきたことに対する恩返しなのではないか、とそんな風に年の初めに
考えさせられました。


株式会社横山工藝 横山国男
染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / よしくま日記

2011年01月01日(土)更新

この一年は“なんくるないさぁ”で。

能面

明けましておめでとうございます
新年を迎えみなさまのご多幸ご繁栄をお祈り申し上げます



           

 *  *  *

先の見えない時代ですが、「なんくるないさぁ」と思って、笑顔を増やす
一年にしたいです。今年もよろしくご指導お願い申し上げます。

     能面「翁」 (政所若宮八幡神社所蔵 滋賀県永源寺町)
     天下泰平・五穀豊穣・子孫繁栄を祈る神事に使用


株式会社横山工藝 横山国男

染型工房横山工藝プリントのことなら
【染型工房 横山工芸】
オーダーよさこい屋お祭り、太鼓の衣装なら
【オーダーよさこい屋】
オーダープリント屋オリジナル柄をお好きな生地に1mから
【オーダーぷりんと屋】

:::株式会社横山工藝:::
 オリジナル生地「オーダーぷりんと屋」布製品へのダイレクトプリント「PriX」
 横山国男社長ブログはまじい専務ブログ制作事例ギャラリー
:::オーダーよさこい屋:::
 2009年制作事例セミオーダーのご紹介よさこい屋店長ものづくり日記
 スタッフ日記なおくま店長日記日と月・エチゼンニッキ / なおくま日記
«前へ 次へ»

会社概要

http://www.ykougei.jp http://www.yosakoiya.jp

詳細へ

個人プロフィール

「知るは喜び、調べるは楽しみ、分かるは感動、学ぶは一生」とか。高齢者の仲間入りの年齢ですが、仕事でも趣味でもICT時代の恩恵に感謝しています。趣味・・本好き、水彩画、ゴルフ('05までJGA委員、現在中部ゴルフ連盟ジュニア育成委員ほか。エポック・・還暦のアルバトロス、'06...

詳細へ

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • これもクリエイティブな仕事と思えば… from After5のメインストリート
    会社のイベントでポスティングを行うことになり輪転機を使ってオリジナリティーなチラシを作るべくにわか印刷屋になった話印刷といえば、昔は学校の先生がガリガリした原稿にイン ...
  • 昨日はバレンタインデー。悪党:民主党へ「青空」の歌詞を贈ろう from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
    バレンタインデーでしたが、義理チョコで割引きシールを貼られたまま貰ったり。北方領
  • 犬山城 from 青春18切符で行く,日本の「城」巡り29
    oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
  • 【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 横山工藝の横山国男さんです。  * ...
  • 「節約の王道」林望・著 | 我が道を行く、気品にあふれた節約本 from 23:30の雑記帳
    節約の王道(日経プレミアシリーズ) 節約本にありがちな、 ある種のみすぼらしさが感じられない、 上品なというか、気品にあふれた本。 筆者のものの考え方が独特なので、 同意できない方も多数いらっしゃると思われる。 例えば、ゴルフ好き、煙草好き、鉄道模型....