大きくする 標準 小さくする

2007年01月30日(火)更新

旦那と職人

日本人はそれほどお金持ちでなくても、日常的に「質の高いもの、
丁寧につくられたもの」を身の回りに置く、あるいは身につける
という国民性がつい最近まであったように思います。
「日本人のブランドもの好き」とも関係があるかも知れません。


かっては「目利きの問屋の旦那」が「誇り高いちょっと偏屈な職人」を
気長に見守り、いい仕事をさせるといったシステムも機能していたはず。
とは言うものの、旦那はこれはあのお客さんに、という「買い手」も
チャンと頭に入っていて、したたかな商人(あきんど)ぶりですが、
それでも時には在庫になってしまうものもそれなりにあったでしょう。

昭和43年ごろ、私は絹や麻などの高級な素材を使った婦人服地の手織物、
ジャカード、プリントものなどを扱う小さな問屋を、一緒に商社をやめた
先輩とやっていましたが、あるとき富士吉田市の名門機屋(はたや)であり
問屋さんでもある会社を訪れる機会がありました。


事務所を兼ねた邸宅のバックヤードには、蔵や倉庫がいくつもあり、膨大な
在庫ですが、素晴らしい織物ばかりでした。
中にはデッドストックと思しきものもかなりありましたが、
「旦那(社長)」は鷹揚なものであり、今考えるとこれこそ日本の「問屋」
の「力」、「モノつくり」そのものだったと思います。

今は名の通った「アパレル」でも、「価格」と「納期」だけ指定して、
ほとんどが企画から商社に○投げ、商社もさらに下請けの零細な事務所に
投げて、そこのスタッフが必死で中国と日本の間を飛び回るという構図が
一般的になっているようです。

毎年、「ファッション・服装」を学んで卒業してくる若い人(数万人)も、
今の日本では就職先も少なく、活かされないまま他の仕事に就いていきます。

富士吉田の「問屋」さんは廃業したと聞きましたが、あの鮮やかな服地の
数々は今でも強く印象に残っていて、その後の私のモノつくりやモノを見る
目に少なからず影響を与えたと思っています。


横山国男
http://www.yosakoiya.jp/
http://www.echi-zen-art.co.jp/